サッカーのパスコントロールを上達させるための練習法とコツ!受け方と蹴り方のポイントを解説

PR
サッカー
この記事は約13分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

サッカーでは、

パスコントロールが上手な選手は

チームの攻撃を効果的に展開できます。

 

 

逆に、

パスコントロールが下手な選手はボールを失いやすく、

相手にチャンスを与えてしまいます。

 

 

パスコントロールを上達させるには、

受け方と蹴り方の技術を磨くことが重要です。

 

 

この記事では、

サッカーのパスコントロールを上達させるための

練習法とコツを紹介します。

 

 

受け方と蹴り方のポイントも

解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

1. 受け方のポイント

 

パスコントロールの基本は、

受けるときにボールを止めることです。

 

 

ボールを止めることで、

次の動きに備えることができます。

 

 

受けるときにボールを止めるには、

次のポイントに注意しましょう。

 

ボールの軌道とスピードを見る

 

ボールがどこに来るか、

どのくらいの速さで来るかを予測することで、

受けるタイミングと位置を調整できます。

 

ボールが来る前に目で追いましょう。

 

体の向きと姿勢を整える

 

ボールを受けるときは、体の向きと姿勢が大切です。

 

体の向きは、

次にどこにパスするかによって変えましょう。

 

 

例えば、

 

前方にパスする場合は、体を前に向けて受けます。

 

横にパスする場合は、体を横に向けて受けます。

 

後ろにパスする場合は、体を後ろに向けて受けます。

 

 

姿勢は、膝を曲げて腰を落とし、

背筋を伸ばしてバランスをとりましょう。

 

足の裏や内側でボールを受ける

 

ボールを受けるときは、

足の裏や内側でボールを受けましょう。

 

 

足の裏や内側は、

ボールを止めやすい部分です。

 

 

足の甲や外側でボールを受けると、

ボールが跳ね返ってしまうことがあります。

 

 

足の裏や内側でボールを受けるときは、

ボールに合わせて足を引くことで、

ボールの勢いを殺しましょう。

 

 

2. 蹴り方のポイント

 

パスコントロールのもう一つの基本は、

蹴るときにボールを正確に送ることです。

 

 

ボールを正確に送ることで、

味方にボールを届けることができます。

 

 

蹴るときにボールを正確に送るには、

次のポイントに注意しましょう。

 

 

ボールの位置と方向を決める

 

ボールを蹴る前に、

ボールの位置と方向を決めましょう。

 

ボールの位置は、

足の裏や内側でボールを受けたときに、

ボールが足の真下に来るように調整します。

 

 

ボールの方向は、

パスする相手の位置に合わせて、

ボールの真ん中や左右に当てる部分を決めます。

 

 

ボールの位置と方向を決めることで、

ボールを蹴るときに迷わなくなります。

 

蹴る足の角度と力加減を調整する

 

ボールを蹴るときは、

蹴る足の角度と力加減を調整しましょう。

 

蹴る足の角度は、

パスする距離や高さによって変えます。

 

例えば、近くにパスする場合は、

足の裏や内側でボールを蹴ります。

 

 

遠くにパスする場合は、

足の甲や外側でボールを蹴ります。

 

 

高くパスする場合は、

足の甲でボールの下を蹴ります。

 

 

低くパスする場合は、

足の裏でボールの上を蹴ります。

 

 

力加減は、

パスする相手の動きに合わせて、

ボールにかける力を調整します。

 

 

例えば、相手が走っている場合は、

ボールに強く力をかけて、相手の前にパスします。

 

 

相手が止まっている場合は、

ボールに弱く力をかけて、相手の足元にパスします。

 

蹴る足のフォロースルーをする

 

ボールを蹴った後は、

蹴る足のフォロースルーをしましょう。

 

 

フォロースルーとは、

ボールを蹴った後に、蹴る足を前に伸ばすことです。

 

 

フォロースルーをすることで、

ボールにスピードと回転を与えることができます。

 

 

フォロースルーをするときは、

蹴る足の先をパスする方向に向けましょう。

 

 

 3. パスコントロールを上達させるための練習法

 

パスコントロールを上達させるためには、

受け方と蹴り方の技術を練習することが必要です。

 

 

しかし、

ただ単にボールを受けて蹴るだけでは、

パスコントロールは上達しません。

 

 

パスコントロールを上達させるためには、

次のような練習法を取り入れましょう。

 

ワンタッチパスの練習

 

ワンタッチパスとは、

ボールを受けたらすぐに蹴ることです。

 

 

ワンタッチパスの練習は、

受け方と蹴り方の技術を同時に鍛えることができます。

 

 

ワンタッチパスの練習は、

2人以上で行うことができます。

 

 

例えば、

2人でボールを投げ合って、

ワンタッチで返すという練習があります。

 

 

この練習では、

ボールの軌道とスピードを見て、

体の向きと姿勢を整えて、

 

 

足の裏や内側でボールを受けて、

ボールの位置と方向を決めて、

蹴る足の角度と力加減を調整して、

 

 

蹴る足のフォロースルーをするという

一連の動作を素早く行います。

 

 

この練習を繰り返すことで、

ワンタッチパスの技術を向上させることができます。

 

トライアングルパスの練習

 

トライアングルパスとは、

3人で三角形を作ってボールを回すことです。

 

 

トライアングルパスの練習は、

パスコントロールのほかに、

視野や判断力も鍛えることができます。

 

 

トライアングルパスの練習は、

3人以上で行うことができます。

 

 

例えば、

3人で三角形を作って、

ボールを時計回りに回すという練習があります。

 

 

この練習では、

ボールを受ける前に、

 

 

次にパスする相手と自分の位置関係を見て、

体の向きを変えます。

 

 

ボールを受けたら、

ワンタッチで次の相手にパスします。

 

 

この練習を繰り返すことで、

トライアングルパスの技術を向上させることができます。

 

ウォールパスの練習

 

ウォールパスとは、

2人でボールを出し合って、

相手の裏を取ることです。

 

 

ウォールパスの練習は、

パスコントロールのほかに、

タイミングやスピードも鍛えることができます。

 

 

ウォールパスの練習は、

2人以上で行うことができます。

 

 

例えば、2人でボールを持って、

相手のコーンを目指すという練習があります。

 

 

この練習では、

ボールを持っている選手は、

 

 

相手のコーンの近くで、

ボールを持っていない選手にパスします。

 

 

ボールを持っていない選手は、

ボールを受けたら、

すぐにボールを持っている選手に返します。

 

 

ボールを持っている選手は、

ボールを受けたら、

 

 

相手のコーンを通り越して、ゴールを狙います。

 

 

この練習を繰り返すことで、

ウォールパスの技術を向上させることができます。

 

 

 4. パスコントロールのコツ

 

パスコントロールを上達させるためには、

練習法だけではなく、コツも知っておくと良いです。

 

 

パスコントロールのコツは、

次のようなものがあります。

 

相手の動きを読む

 

パスコントロールのコツの一つは、

相手の動きを読むことです。

 

 

相手の動きを読むことで、

パスするタイミングや方向を決めることができます。

 

 

相手の動きを読むには、

相手の目線や体の向き、

足の動きなどに注目しましょう。

 

 

例えば、

相手が目線を下げている場合は、

相手がボールを見ていないことを意味します。

 

 

このときは、

相手の思考の逆にパスすると、

相手をかわすことができます。

 

 

相手が体を横に向けている場合は、

相手が前後に動きにくいことを意味します。

 

 

このときは、

相手の前にパスすると、

相手を抜き去ることができます。

 

 

相手が足を開いている場合は、

相手がバランスを崩しやすいことを意味します。

 

 

このときは、

相手の足の間にパスすると、

相手を混乱させることができます。

 

 

味方との連携をとる

 

パスコントロールのコツのもう一つは、

味方との連携をとることです。

 

 

味方との連携をとることで、

パスの成功率や効果を高めることができます。

 

 

味方との連携をとるには、

味方の位置や動き、声などに注意しましょう。

 

 

例えば、

味方が空いている場合は、

味方にパスすると、

攻撃の幅を広げることができます。

 

 

 

味方が走っている場合は、

味方の走りに合わせてパスすると、

味方のスピードを活かすことができます。

 

自分の判断を信じる

 

パスコントロールのコツのもう一つは、

自分の判断を信じることです。

 

 

自分の判断を信じることで、

パスの精度やスピードを上げることができます。

 

 

自分の判断を信じるには、

迷わずにパスすることが大切です。

 

 

迷ってパスすると、

ボールが遅くなったり、

相手に奪われたりすることがあります。

 

 

迷わずにパスするには、

自分の能力や状況を把握し、

自信を持つことが必要です。

 

 

例えば、

自分がパスコントロールが得意な場合は、

難しいパスにも挑戦することができます。

 

 

自分がパスコントロールが苦手な場合は、

簡単なパスに徹することができます。

 

 

自分が攻撃的な場合は、

前方にパスすることができます。

 

 

自分が守備的な場合は、

後方にパスすることができます。

 

 

 5. パスコントロールのメリット

 

パスコントロールを上達させることには、

多くのメリットがあります。

 

 

パスコントロールのメリットは、

以下のようなものがあります。

 

 

ボールを保持できる

 

パスコントロールが上手な選手は、

ボールを保持できます。

 

 

ボールを保持することで、

自分たちのペースで試合を進めることができます。

 

 

ボールを保持することで、

相手の攻撃を防ぐこともできます。

 

 

チャンスを作れる

 

パスコントロールが上手な選手は、

チャンスを作れます。

 

 

チャンスを作ることで、

ゴールに近づくことができます。

 

 

チャンスを作ることで、

相手の守備を崩すこともできます。

 

 

チャンスを作ることで、

チームの攻撃力や得点力も向上します。

 

仲間との絆を深める

 

パスコントロールが上手な選手は、

仲間との絆を深めます。

 

 

仲間との絆を深めることで、

チームワークやコミュニケーションが良くなります。

 

 

仲間との絆を深めることで、

互いに助け合ったり、

励まし合ったりすることもできます。

 

 

仲間との絆を深めることで、

チームの一体感や士気も高まります。

 

 

まとめ

 

この記事では、

サッカーのパスコントロールを

上達させるための練習法とコツを紹介しました。

 

 

パスコントロールは、

サッカーの基本中の基本です。

 

 

パスコントロールを上達させるには、

次のことを意識しましょう。

 

 

受け方と蹴り方のポイントを押さえる

ワンタッチパスやトライアングルパスなどの練習をする

相手の動きを読んだり、味方との連携をとったり、自分の判断を信じたりする

 

 

パスコントロールを上達させることで、

ボールを保持したり、チャンスを作ったり、

仲間との絆を深めたりすることができます。

 

 

パスコントロールを上達させることで、

サッカーの楽しさも倍増します。

 

 

 

相手の裏にパスするということは、

相手の守備を崩して、攻撃のチャンスを作るということです。

 

例えば、相手が目線を下げているときは、

相手がボールを見ていないことを利用して、

相手の背後にパスすると、相手をかわすことができます。

 

 

 

サッカーでドリブルを極める!テクニックを高める練習と、ドリブルの種類とコツを徹底解説
サッカー愛好者必見!ドリブルの達人になるための究極のテクニック向上練習と、様々なドリブルの種類と成功の秘訣を徹底解説。SEO対策もバッチリで、サッカーテクニック向上に不可欠な情報が満載のブログです。今すぐ読んで、プレーでの圧倒的な存在感を手に入れよう!

コメント