弓道の遠的競技で的中率を上げるコツ!距離別の狙い方と遠的矢の選び方

PR
弓道
この記事は約7分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

弓道の競技には、

近的と遠的があります。

 

 

近的は射距離が28mで、

直径36cmの的を狙うものです。

 

 

遠的は射距離が50mや60mで、

直径100cmや122cmの的を狙うものです。

 

 

遠的は近的に比べて馴染みが薄く、

機会が少ないかもしれませんが、

 

 

遠的に挑戦することで、

弓道の上達に役立つコツがあります。

 

 

今回は、

弓道の遠的競技で的中率を上げるコツを、

距離別の狙い方と遠的矢の選び方の二つの観点から紹介します。

 

 

【はじめに:弓道の遠的競技とは?】

 

弓道の遠的競技とは、

射距離が50mや60mで、大きな的を狙う競技です。

 

 

遠的の的は、

得点制の場合は五色に塗り分けられた直径122cmの的で、

黄色が9点、赤色が7点、青色が5点、黒色が3点、白色が1点となっています。

 

 

的中制の場合は、

直径100cmの霞的で、的に当たれば1点となります。

 

 

遠的の競技は、

近的に比べて天候や風の影響を受けやすく、

矢先を上げて仰角を取る必要があります。

 

 

そのため、

遠的には近的とは異なる

射法や弓道具の選び方が必要になります。

 

 

【遠的に挑戦するための弓道具の選び方】

 

遠的に挑戦するためには、

弓道具の選び方にも注意が必要です。

 

 

遠的には、

弓の強さや矢の重さや長さなどが影響します。

 

 

弓の強さは、遠的には強い弓が有利です。

 

強い弓は、

矢を高速で飛ばすことができ、

風の影響を受けにくくなります。

 

しかし、

強い弓は引くのが大変で、体力や技術が必要です。

 

なので自分の力に合った弓を選ぶことが大切です。

 

 

矢の重さや長さは、

遠的には重くて長い矢が有利です。

 

重くて長い矢は、

弓の力をよく受けて飛びやすく、安定感があります。

 

しかし、重くて長い矢は、

矢先を上げるのが難しく、弓の強さに合わせる必要があります。

 

 

【距離別の狙い方のコツ:遠的競技の基本】

 

遠的競技の基本は、

距離別の狙い方のコツを覚えることです。

 

 

遠的では、

射距離が50mや60mと長いので、

矢先を上げて仰角を取る必要があります。

 

 

しかし、

矢先を上げるだけでは、矢は的に届きません。

 

 

矢先を上げるときには、

左右の狙いも合わせる必要があります。

 

 

左右の狙いは、

風の強さや方向によって変わります。

 

 

風の強さや方向は、

的場の風見や旗や木の葉などで判断します。

 

 

風に対しては、

風上から風下に向かって矢を飛ばすことが基本です。

 

 

風上から風下に向かって矢を飛ばすときには、

風の強さに応じて、矢先を風上にずらします。

 

 

風の強さに応じて、

矢先をずらす目安は、1mの風に対して、

矢先を1本分ずらすという目安があります。

 

 

例えば、

右から1mの風が吹いているときには、

矢先を右に1本分ずらして狙います。

 

 

風下から風上に向かって

矢を飛ばすときには、風の強さに応じて、

矢先を風下にずらします。

 

 

風下から風上に向かって

矢を飛ばすときには、矢先をずらす目安は、

1mの風に対して、矢先を2本分ずらすという目安があります。

 

 

例をあげると、

右から1mの風が吹いているときには、

矢先を左に2本分ずらして狙います。

 

 

風の強さや方向は、

常に変わる可能性があるので、

注意深く観察することが大切です。

 

【遠的矢の選び方のコツ:遠的競技の応用】

 

遠的競技の応用は、

遠的矢の選び方のコツを覚えることです。

 

 

遠的矢とは、

遠的に使用する矢のことで、

近的矢とは異なる特徴があります。

 

 

遠的矢は、

重くて長くて、羽根が大きくて、

矢尻が細いものが多いです。

 

 

遠的矢の特徴は、

遠的には有利なものですが、

近的には不利なものです。

 

 

遠的矢は、

遠的には飛びやすくて安定感がありますが、

近的には飛びすぎて的を外しやすくなります。

 

 

近的矢は、

近的には飛びやすくて的に当たりやすいですが、

遠的には飛びにくくて安定感がなくなります。

 

 

 

羽根は風の抵抗を減らすために

小さくて平たいものが良いです。

 

矢尻は矢の重心を前にするために

細くて尖ったものが良いです。

 

 

 

遠的矢の羽根や矢尻の形状は、

近的矢とは異なるので、注意してください。

 

 

遠的矢の選び方のコツは、

自分の弓の強さや射法に合わせて、

 

 

矢の重さや長さや

太さや羽根や矢尻の形状を調整することです。

 

 

遠的矢は、

近的矢とは異なる特徴がありますが、

 

 

それらを理解して活用することで、

遠的競技の的中率を上げることができます。

 

【まとめ:弓道の遠的競技で的中率を上げるコツを実践しよう】

 

弓道の遠的競技は、

近的競技とは異なる射法や

弓道具の選び方が必要になります。

 

 

遠的競技で的中率を上げるコツは、

次のようにまとめることができます。

 

 

遠的に挑戦するための弓道具の選び方

弓の強さは、自分の力に合った強い弓を選ぶ

矢の重さや長さは、自分の弓に合った重くて長い矢を選ぶ

距離別の狙い方のコツ:遠的競技の基本

矢先を上げて仰角を取る

左右の狙いは、風の強さや方向に応じて、矢先をずらす

遠的矢の選び方のコツ:遠的競技の応用

矢の太さは、自分の弓の強さに合わせて選ぶ

羽根や矢尻の形状は、風の抵抗を減らすために小さくて平たくて細くて尖ったものを選ぶ

 

 

弓道の遠的競技は、

近的競技に比べて難易度が高いですが、

それだけにやりがいや達成感も大きいです。

 

遠的競技で的中率を上げるコツを実践して、

弓道の上達に役立ててください。

 

 

 

弓道の上達コツを上手い人から学ぶ!的中率を高めるための射法の特徴とは?
弓道愛好者注目!上級者から学ぶ弓道の上達コツ。的中率向上のための射法特徴を徹底解説。プロのアドバイスで技術を磨き、弓道の腕を上げる秘訣を探る。今すぐ読んで、的中の精度を飛躍的に向上させよう!

コメント