弓道の上達に欠かせない!自宅でできる練習メニューと道具

PR
弓道
この記事は約10分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

この記事は、

自宅で弓道の練習をする方法と、

そのために必要な道具についてお話しします。

 

 

はじめに:自宅で弓道の練習をするメリットと注意点

 

弓道は道場での稽古が基本ですが、

自宅でもできる練習方法があります。

 

 

自宅で弓道の練習をするメリットは、

次の通りです。

 

 

◆ 時間や場所にとらわれずに練習できる

◆ 道場に行けない日や混雑する日でも練習できる

◆ 自分のペースで練習できる

◆ 弓道の基本や応用を徹底的に身につけることができる

 

 

一方、自宅で弓道の練習をする注意点は、次の通りです。

 

● 安全に配慮する

(矢を飛ばさない、的をしっかり固定する、周囲に人や物がないことを確認するなど)

 

● 練習の効果を確認する

(自分の動きを鏡やビデオでチェックする、道場での成果を確かめるなど)

 

● 練習の質を保つ

(練習の目的や計画を立てる、練習の前後にストレッチやウォーミングアップをするなど)

 

 

自宅で弓道の練習をする場合は、

これらのメリットと注意点を意識して、

効果的に練習しましょう。

 

自宅でできる弓道の基本練習:姿勢、呼吸、引き方など

 

 

弓道の基本となるのは、

姿勢、呼吸、引き方です。

 

 

これらを自宅で練習する方法を紹介します。

 

【姿勢】

 

正しい姿勢をとることは、

弓道の基礎です。

 

姿勢を整えるには、

次のポイントを押さえましょう。

 

 

◆ 背筋を伸ばす

 

◆ 肩を下げる

 

◆ 首を引く

 

◆ 顎を引く

 

◆ 目線を水平にする

 

◆ 足を肩幅に開く

 

◆ 両足の重心を均等にする

 

◆ 膝を軽く曲げる

 

◆ おへそを少し引く

 

◆ 腰を反らさない

 

 

【呼吸】

 

呼吸は、

弓道のリズムや集中力に影響します。

 

 

呼吸を整えるには、

次のポイントを押さえましょう。

 

◆ 腹式呼吸をする

 

◆ 吸うときは鼻から、吐くときは口から呼吸する

 

◆ 吸うときはおへそを膨らませる

 

◆ 吐くときはおへそをへこませる

 

◆ 吐くときは声を出す(ハァーとかハッとか

 

◆ 吐き切るまで息を止めない

 

 

【引き方】

 

引き方は、

弓道の技術や精神に影響します。

 

 

引き方を練習するには、

次のポイントを押さえましょう。

 

 

◆ 弓を正しく持つ

右手は弦に沿って、左手は弓の中心に

 

 

◆ 弓を正しく構える

右手は顎の下に、左手は目の前に

 

 

◆ 弓を正しく引く

右手は後ろに、左手は前に

 

 

◆ 弓を正しく離す

右手は耳の後ろに、左手は胸の前に

 

 

◆ 弓を正しく追う

右手は肩の高さに、左手は腰の高さに

 

 

これらの基本練習は、

弓や矢を使わずに、素手で行うことができます。

 

 

自宅で毎日繰り返し行うことで、

弓道の基本を身につけることができます。

 

 

弓道上達の極意~的中率アップの練習法~【筑波大学体育会弓道部部長 松尾牧則 監修】オンライン版

 

自宅でできる弓道の応用練習:目標設定、反復練習、イメージトレーニングなど

 

弓道の基本を身につけたら、

次は応用練習に挑戦しましょう。

 

 

応用練習には、次のような方法があります。

 

 

【目標設定】

 

自分の弓道の目標を明確にすることは、

上達のために重要です。

 

目標設定には、下記のポイントを押さえましょう。

 

 

◆ 目標は具体的にする

例:的に当てる回数を増やす、姿勢を改善するなど

 

◆ 目標は達成可能にする

例:一週間で一回増やす、一ヶ月で一段階改善するなど

 

◆ 目標は評価可能にする

例:的に当てた回数を記録する、ビデオで姿勢をチェックするなど

 

◆ 目標は期限を設定する

例:一週間後に評価する、一ヶ月後に再設定するなど

 

 

【反復練習】

 

弓道の技術や精神を磨くには、

反復練習が必要です。

 

反復練習には、下記のポイントを押さえましょう。

 

 

◆ 練習の回数を決める

例:一日に10回、一週間に50回など

 

◆ 練習の質を高める

例:正しい姿勢や呼吸や引き方を意識する、

練習の前後にストレッチやウォーミングアップをするなど

 

◆ 練習の効果を確認する

例:的に当てた回数を記録する、ビデオで動きをチェックするなど

 

◆ 練習の改善点を見つける

例:的に当てられなかった原因を分析する、姿勢や呼吸や引き方に問題がないか確認するなど

 

 

「イメージトレーニング】

 

弓道の技術や精神を高めるには、

イメージトレーニングが効果的です。

 

イメージトレーニングには、

下記のポイントを押さえましょう。

 

 

目を閉じて、自分が弓道をする様子を思い浮かべる

 

姿勢や呼吸や引き方などの細かい動作をイメージする

 

的に当てる感覚や音や光をイメージする

 

自分が上達している姿や目標を達成した姿をイメージする

 

イメージトレーニングをするときは、リラックスして、集中力を高める

 

イメージトレーニングをする前後に、実際に弓道をすることで、

 イメージと現実のギャップを埋める

 

 

イメージトレーニングは、

自宅で弓道の練習をするときに、

とても役立ちます。

 

 

自分の理想の弓道をイメージすることで、

技術や精神の向上につながります。

 

自宅で弓道の練習に必要な道具:弓、矢、的、手ぬぐいなど

 

自宅で弓道の練習をするには、

道具が必要です。

 

 

自宅で弓道の練習に必要な道具は、

下記の通りです。

 

 

弓は、弓道の基本的な道具です。

 

 

自宅で弓道の練習をする場合は、

下記のポイントを押さえましょう。

 

 

– 弓の種類は、竹製の弓やカーボン製の弓などがあります。

自分に合った弓を選びましょう。

 

– 弓の長さは、自分の身長や手の大きさに合わせて調整しましょう。

 

– 弓の張りは、自分の力に合わせて調整しましょう。

張りが強すぎると、引くのが大変になります。

 

– 弓の手入れは、定期的に行いましょう。

弓の湿気や汚れを防ぐために、布で拭いたり、乾燥させたりしましょう

 

 

 

自宅で弓道の練習をする場合は、

下記のポイントを押さえましょう。

 

 

– 矢の種類は、竹製の矢やカーボン製の矢などがあります。

自分に合った矢を選びましょう。

 

– 矢の長さは、

自分の弓の長さや引き方に合わせて調整しましょう。

 

– 矢の重さは、自分の弓の張りや的の距離に合わせて調整しましょう。

重さが軽すぎると、矢が飛ばないことがあります。

 

– 矢の手入れは、定期的に行いましょう。

矢の湿気や汚れを防ぐために、布で拭いたり、乾燥させたりしましょう。

 

 

的は、弓道の目標となる道具です。

 

 

– 的の種類は、紙製の的や布製の的などがあります。

自分に合った的を選びましょう。

 

– 的の大きさは、自分の矢の長さや的の距離に合わせて調整しましょう。

 

– 的の位置は、自分の目線や姿勢に合わせて調整しましょう。

 

– 的の固定は、しっかりと行いましょう。

 的が動いたり倒れたりしないように、壁や台に固定しましょう。

 

 

手ぬぐいは、弓道の補助的な道具です。

 

 

– 手ぬぐいの種類は、綿製の手ぬぐいやシルク製の手ぬぐいなどがあります。

自分に合った手ぬぐいを選びましょう。

 

– 手ぬぐいの使い方は、弓を持つ右手に巻きましょう。

手ぬぐいは、手の汗や弦の摩擦を防ぐ効果があります。

 

– 手ぬぐいの手入れは、定期的に行いましょう。

手ぬぐいの湿気や汚れを防ぐために、洗ったり乾燥させたりしましょう。

 

 

これらの道具は、

自宅で弓道の練習をするときに、必要になります。

 

 

道具を正しく選び、使い、手入れすることで、

弓道の練習の効果を高めることができます。

 

 

まとめ:自宅で弓道の練習をするコツと効果

 

今回は、

自宅で弓道の練習をする方法と、

そのために必要な道具についてお話ししました。

 

 

自宅で弓道の練習をすることで、

弓道の技術や精神を高めることができます。

 

 

自宅で弓道の練習をするコツと効果をまとめます。

 

自宅で弓道の練習をするメリット

 

● 時間や場所にとらわれずに練習できること、

● 自分のペースで練習できること、

● 弓道の基本や応用を徹底的に身につけることができることです。

 

 

自宅で弓道の練習をする注意点

 

▼ 安全に配慮すること、

▼ 練習の効果を確認すること、

▼ 練習の質を保つことです。

 

 

自宅で弓道の練習をする方法

 

■基本練習(姿勢、呼吸、引き方など)

■応用練習(目標設定、反復練習、イメージトレーニングなど)

■道具の選び方と使い方と手入れ方です。

 

 

自宅で弓道の練習をするときは、

これらのコツと効果を覚えておいてください。

 

 

自宅で弓道の練習をすることで、

道場での稽古にも役立ちます。

 

 

自宅で弓道の練習をして、

弓道の上達を目指しましょう。

 

 

弓道上達の極意~的中率アップの練習法~【筑波大学体育会弓道部部長 松尾牧則 監修】オンライン版

コメント