シャークの掃除機「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO+」を購入しました!特長やフィルター交換の方法、保証期間などを紹介します

PR
掃除機
この記事は約10分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

この記事では、

私が購入したシャークの掃除機

「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO+」

について、ご紹介します。

 

 

この掃除機は、

強力な吸引力と長時間の稼働時間を実現する

EVOPOWER SYSTEMという技術や、

 

 

自動ゴミ収集ドックや

ごみセンサーなどの便利な機能があります。

 

 

このブログでは、

この掃除機の特長やフィルター交換の方法、

保証期間などを詳しくお伝えします。

 

 

掃除機に興味がある方や、

掃除機を買い替える予定がある方は、

ぜひ最後までお読みください。

 

シャークの掃除機にした理由

 

私は掃除が好きで、

毎日家中をきれいにしています。

 

 

掃除機は私の大切なパートナーで、

いろいろなメーカーやモデルを試してきました。

 

 

しかし、

どれも満足できるものに出会えませんでした。

 

 

ダイソンは吸引力はいいけど重くて使いにくいし、

他のメーカーは軽くて使いやすいけど吸引力が弱いし、

 

 

フィルター交換が面倒だし、

バッテリーがすぐ切れるし…。

 

 

そんなとき、

シャークの掃除機を知りました。

 

 

シャークはアメリカの家電メーカーで、

掃除機の分野でダイソンと競合しています。

 

 

シャークの掃除機は、

強力な吸引力と長時間の稼働時間を実現する

EVOPOWER SYSTEMという独自の技術を搭載しています。

 

 

また、

自動ゴミ収集ドックや

ごみセンサーなどの特徴的な機能も備えています。

 

 

シャークの掃除機は

日本でも人気が高まっており、

価格.comやメディアなどで紹介されています。

 

 

私はシャークの掃除機に興味を持ち、

最新モデルの

「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO+」を購入しました。

 

今回は、その特長や感想をお伝えします。

 

「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO+」の特長と感想

 

「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO+」は、

シャークの最新モデルのコードレススティック掃除機です。

 

 

この掃除機の最大の特長は、

EVOPOWER SYSTEMという技術です。

 

 

EVOPOWER SYSTEMは、

掃除機のヘッドと

ハンドルにそれぞれモーターを搭載し、

 

 

連動させることで、

吸引力と稼働時間を最適化するシステムです。

 

 

このシステムにより、この掃除機は、

最大で【100分】もの

長時間の稼働時間を実現しています。

 

 

また、吸引力も【200W】

という驚異的な数値を誇っています。

 

 

私はこの掃除機を使ってみて、

その性能に感動しました。

 

 

掃除機のヘッドが床にぴったりと吸い付き、

ごみやほこりを一掃してくれます。

 

 

ハンドルも軽くて操作しやすく、

角度も自在に変えられます。

 

 

掃除機のヘッドは、

カーペットやフローリングなどの

床の種類に合わせて自動で切り替わります。

 

 

また、ごみセンサーが付いており、

ごみの量に応じて吸引力を調整してくれます。

 

 

この掃除機は、コードレスなので、

家の中や車の中など、どこでも使えます。

 

 

付属品も豊富で、ハンディ型にも変えられます。

 

私は、この掃除機で家中の掃除を楽しんでいます。

 

フィルター交換の方法と頻度

 

シャークの掃除機

「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO+」は、

フィルター交換がとても簡単です。

 

 

この掃除機には、

前フィルターと後フィルターの

2種類のフィルターがあります。

 

 

前フィルターは、

掃除機のヘッドの下にあるゴミ収集部分に付いており、

 

 

後フィルターは、

掃除機のハンドルの上にある排気部分に付いています。

 

フィルター交換の方法は、以下の通りです。

 

前フィルターの交換

 

– 掃除機のヘッドを外して、ゴミ収集部分を取り出します。

– ゴミ収集部分の蓋を開けて、前フィルターを引き抜きます。

– 新しい前フィルターを差し込んで、蓋を閉めます。

– ゴミ収集部分を掃除機のヘッドに戻します。

 

後フィルターの交換

 

– 掃除機のハンドルの上にある後フィルターのカバーを回して外します。

– 後フィルターを引き抜きます。

– 新しい後フィルターを差し込んで、カバーを回して固定します。

 

フィルター交換の頻度は、

使用状況によって異なりますが、

 

一般的には、

 

前フィルター【3か月】に1回

 

後フィルター【12か月】に1回

 

の交換が推奨されています。

 

フィルター交換のタイミングは、

掃除機のハンドルにある液晶画面で確認できます。

 

 

液晶画面には、

前フィルターと後フィルターのアイコンが表示されており、

それぞれの色で交換の必要性を示しています。

 

緑色は交換不要、

黄色は交換が近いことを意味し、

赤色は交換が必要であることを意味します。

 

フィルター交換は、

掃除機の性能を維持するために重要です。

 

 

フィルターが汚れると、

吸引力が低下したり、

排気が悪くなったりする可能性があります。

 

 

フィルター交換は、

自分で簡単にできるので、

液晶画面の表示に従って定期的に行いましょう。

 

保証期間とアフターサービス

 

シャークの掃除機

「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO+」は、

 

購入日から【5年間】の保証期間があります。

 

保証期間中は、

掃除機の故障や不具合が発生した場合、

無償で修理や交換が受けられます。

 

 

ただし、保証期間中でも、

以下の場合は、保証の対象外となります。

 

誤った使用方法や取り扱いによる故障や不具合

 

– 落下や衝撃などによる故障や不具合

 

– 火災や水漏れなどの自然災害による故障や不具合

 

– 本体や付属品の消耗品や傷みによる故障や不具合

 

– 本体や付属品の改造や分解による故障や不具合

 

– 本体や付属品の紛失や盗難による故障や不具合

 

 

保証期間中に故障や不具合が発生した場合は、

シャークのカスタマーサービスに連絡してください。

 

カスタマーサービスは、

電話やメールで対応しており、

 

故障や不具合の原因や状況を確認した後、

修理や交換の手続きを案内してくれます。

 

 

修理や交換には、

一定の期間がかかる場合がありますので、

あらかじめご了承ください。

 

 

シャークの掃除機は、

高品質で信頼性の高い製品ですが、

 

 

万が一の場合に備えて、

保証期間やアフターサービスについて知っておくと安心です。

 

まとめとおすすめポイント

 

今回は、シャークの掃除機

「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO+」について、

 

特長やフィルター交換の方法、

保証期間などを紹介しました。

 

 

この掃除機は、

シャーク独自のEVOPOWER SYSTEMという技術により、

強力な吸引力と長時間の稼働時間を実現しています。

 

 

また、

自動ゴミ収集ドックや

ごみセンサーなどの特徴的な機能も備えています。

 

 

フィルター交換は簡単で、

液晶画面で交換のタイミングを確認できます。

 

 

保証期間は5年間と長く、

アフターサービスも充実しています。

 

 

私はこの掃除機を使ってみて、

その性能に感動しました。

 

 

掃除機のヘッドが床にぴったりと吸い付き、

ごみやほこりを一掃してくれます。

 

 

ハンドルも軽くて操作しやすく、

角度も自在に変えられます。

 

 

掃除機のヘッドは、

カーペットやフローリングなどの

床の種類に合わせて自動で切り替わります。

 

 

この掃除機は、コードレスなので、

家の中や車の中など、どこでも使えます。

 

 

付属品も豊富で、

ハンディ型にも変えられます。

 

 

この掃除機のおすすめポイントは、

次の通りです。

 

強力な吸引力と長時間の稼働時間を実現するEVOPOWER SYSTEM

ゴミを自動的に回収してくれる自動ゴミ収集ドック

ごみの量に応じて吸引力を調整してくれるごみセンサー

フィルター交換が簡単で、液晶画面で交換のタイミングを確認できる

保証期間が5年間と長く、アフターサービスが充実している

 

シャークの掃除機

「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO+」は、

掃除好きの方にぴったりの掃除機です。

 

 

もし、

掃除機を買い替える予定がある方や、

掃除機に興味がある方がいらっしゃったら、

ぜひチェックしてみてください。

 

 

シャークの掃除機で、

掃除の楽しさと快適さを体験してみてください。

 

コメント