一人でもできる!サッカーキーパーの自主トレ練習方法とは?自宅でできるセービングの基本とコツ

PR
キーパー
この記事は約17分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

サッカーキーパーとして、

自分の技術を向上させたいと思っていませんか?

 

 

しかし、チームの練習だけでは、

自分の弱点を克服するのは難しいかもしれません。

 

 

そこで、自宅でできる自主トレの練習方法を紹介します。

 

 

自主トレでは、

セービングの基本とコツを身につけることができます。

 

 

セービングとは、

相手のシュートを防ぐことですが、その方法は様々です。

 

 

自主トレでセービングの種類を習得することで、

様々なシュートに対応できるようになります。

 

 

また、自主トレでセービングのコツを覚えることで、

反応速度や判断力を高めることができます。

 

 

自主トレでセービングの基本とコツをマスターすれば、

サッカーキーパーとしての自信と実力がアップします。

 

 

一人でもできる!サッカーキーパーの自主トレ練習方法とは?

自宅でできるセービングの基本とコツを、この記事で詳しく解説します。

 

 

ぜひ、参考にしてください。

 

サッカーキーパーの自主トレの目的と効果

 

サッカーキーパーは、

チームの最後の砦として、

ゴールを守る重要な役割を担っています。

 

 

しかし、キーパーの練習は、

他のポジションと比べて、

 

 

特殊な技術や動きが必要なため、

チーム練習では十分に行えないことが多いのも事実です。

 

 

そこで、

キーパーの能力を向上させるためには、

自主トレが欠かせません。

 

 

自主トレとは、

自分で計画して行う練習のことです。

 

 

自主トレの目的は、

自分の弱点を克服したり、

自分の得意な技術をさらに磨いたりすることです。

 

 

自主トレの効果は、以下のように挙げられます。

 

  • キーパーとしての基本動作やセービングの技術を身につけることができる
  • キーパーとしての判断力や集中力を高めることができる
  • キーパーとしての自信や責任感を強化することができる

 

自主トレは、

自分のペースで行えるので、

ストレスを感じずに練習に取り組むことができます。

 

 

また、自主トレは、

チーム練習や試合において、

自分のパフォーマンスを向上させることにもつながります。

 

 

自主トレは、キーパーにとって、

必要不可欠な練習方法なのです。

 

 

ゴールキーパー育成プログラム【元・Jリーガーや指導者の多くが推薦する、現役GKコーチ園部大介 監修】オンライン版

 

1. サッカーキーパーの自主トレに必要な道具と準備

 

サッカーキーパーの自主トレには、

特別な道具は必要ありません。

 

 

しかし、

以下のような道具を用意すると、

より効果的な練習ができます。

 

 

●サッカーボール

 

キーパーの練習には、サッカーボールが必須です。

サッカーボールは、サイズや重さによって、

感触や飛び方が異なります。

 

 

自分が普段使っているボールと

同じものを用意すると、

より実戦に近い練習ができます。

 

●ゴール

 

キーパーの練習には、ゴールも必要です。

ゴールは、サッカー場や

公園などにあるものを利用することができます。

 

 

ゴールがない場合は、

壁や柱などを利用して、

ゴールの代わりにすることもできます。

 

 

ゴールのサイズは、

自分のレベルに合わせて調整することができます。

 

 

ゴールのサイズを小さくすると、

より難易度の高い練習ができます。

 

●コーンやマーカー

 

キーパーの練習には、コーンやマーカーも便利です。

 

 

コーンやマーカーは、

練習のコースやポジションを示すのに使えます。

 

 

コーンやマーカーを使うと、

より正確な動きや位置取りができます。

 

 

●タイマー

 

キーパーの練習には、タイマーも有効です。

タイマーは、練習の時間や回数を管理するのに使えます。

 

 

タイマーを使うと、より効率的な練習ができます。

 

 

サッカーキーパーの自主トレに必要な道具は、これらだけです。

 

 

しかし、

道具だけでは、練習はできません。

 

 

練習を始める前には、

以下のような準備をすることが大切です。

 

 

練習の目標を決める

 

自主トレを行う前には、

自分の練習の目標を明確にすることが重要です。

 

 

練習の目標は、

自分の弱点や課題に合わせて、

具体的に設定することができます。

 

 

例えば、

 

 

「基本動作を正しく行う」

「セービングの反応速度を上げる」

「セービングのバリエーションを増やす」などです。

 

練習の目標を決めることで、

練習の内容や方法を選ぶ際に、参考になります。

 

 

練習のプランを立てる

 

自主トレを行う前には、

自分の練習のプランを立てることも必要です。

 

 

練習のプランは、

練習の目標に沿って、練習の内容や方法を決めることです。

 

 

練習のプランは、

以下のような項目を含めることができます。

 

 

練習の時間

 

練習の時間は、

自分の体力やスケジュールに合わせて、決めることができます。

 

 

練習の時間は、

長すぎても短すぎても効果がありません。

 

 

練習の時間は、30分から1時間程度が適切です。

 

 

練習の回数

 

練習の回数は、

自分の目標やレベルに合わせて、決めることができます。

 

 

練習の回数は、

多すぎても少なすぎても効果がありません。

 

 

練習の回数は、週に2回から3回程度が適切です。

 

 

練習の内容

 

練習の内容は、

自分の目標や課題に合わせて、決めることができます。

 

 

練習の内容は、

基本動作やセービングの技術を練習するものが望ましいです。

 

 

練習の方法

 

練習の方法は、

自分の練習の内容に合わせて、決めることができます。

 

 

練習の方法は、

自分でボールを投げたり、壁や柱に当てたり、

コーンやマーカーを使ったりするものがあります。

 

 

練習のプランを立てることで、

練習に取り組む際に、迷わずに行動できます。

 

 

ウォーミングアップをする

 

自主トレを始める前には、

ウォーミングアップをすることが必須です。

 

 

ウォーミングアップとは、

体を動かして筋肉や関節をほぐし、

血流や体温を上げることです

 

 

ウォーミングアップをすることで、

以下のような効果があります。

 

怪我や痛みを防ぐことができる

練習の効果を高めることができる

▼ 練習のモチベーションを上げることができる

 

 

ウォーミングアップは、

下記のような方法で行うことができます。

 

 

  • ジョギングやスキップなどで全身を軽く動かす
  • ネックロールやアームサークルなどで首や肩、腕をほぐす
  • ルンジやスクワットなどで脚や腰をほぐす
  • サイドベンドやツイストなどで胴体をほぐす
  • ハンドウォークやプッシュアップなどで手や胸をほぐす

 

 

ウォーミングアップは、

10分から15分程度で行うことが適切です。

 

 

以上が、サッカーキーパーの自主トレに必要な道具と準備です。

 

 

次に、サッカーキーパーの自主トレの練習方法について説明します。

 

ゴールキーパー育成プログラム【元・Jリーガーや指導者の多くが推薦する、現役GKコーチ園部大介 監修】オンライン版

 

 

2. サッカーキーパーの自主トレの練習方法:基本動作とポジショニング

 

サッカーキーパーの自主トレの練習方法の一つ目は、

基本動作とポジショニングです。

 

 

基本動作とは、

キーパーとしての姿勢や動きのことです。

 

 

ポジショニングとは、

キーパーとしての位置取りのことです。

 

 

基本動作とポジショニングは、

キーパーの練習の基礎となるもので、

以下のような効果があります。

 

  • キーパーとしてのバランスや安定感を高めることができる
  • キーパーとしての反応速度や切り替え力を高めることができる
  • キーパーとしての視野や判断力を高めることができる

 

 

基本動作とポジショニングの練習方法は、

以下のようなものがあります。

 

 

基本姿勢の練習:基本姿勢とは、キーパーとしての構えのことです。

基本姿勢は、以下のように行うことができます。

 

    • 足は肩幅程度に開き、膝は軽く曲げる
    • 腰は前に倒し、背中はまっすぐにする
    • 両手は前に出し、手のひらは内側に向ける
    • 顔は前を向き、視線はボールに合わせる

 

基本姿勢の練習は、自分の鏡像を見ながら、

正しい姿勢を確認することができます。

 

 

基本姿勢の練習は、

5分から10分程度で行うことが適切です。

 

 

基本動作の練習:基本動作とは、

キーパーとしての移動や跳躍のことです。

 

 

基本動作は、以下のように行うことができます。

 

サイドステップ

 

基本姿勢から、

左右に足を開いたり閉じたりしながら、

横に移動する動作です。

 

 

サイドステップは、

コーンやマーカーを使って、

一定の距離や方向に移動することができます。

 

 

サイドステップの練習は、

10回から20回程度で行うことが適切です。

 

フロントステップ

 

基本姿勢から、

前に足を踏み出したり引いたりしながら、

前後に移動する動作です。

 

 

フロントステップは、

コーンやマーカーを使って、

一定の距離や方向に移動することができます。

 

 

フロントステップの練習は、

10回から20回程度で行うことが適切です。

 

 

●バックステップ

 

基本姿勢から、

後ろに足を踏み出したり引いたりしながら、

後ろに移動する動作です。

 

 

バックステップは、

コーンやマーカーを使って、

一定の距離や方向に移動することができます。

 

 

バックステップの練習は、

10回から20回程度で行うことが適切です。

 

 

バウンス

 

基本姿勢から、

両足で跳ねたり着地したりする動作です。

 

 

バウンスは、コーンやマーカーを使って、

一定の高さや距離に跳ぶことができます。

 

 

バウンスの練習は、

10回から20回程度で行うことが適切です。

 

 

基本動作の練習は、

自分の動きを感じながら、

スムーズに行うことができます。

 

 

基本動作の練習は、

15分から30分程度で行うことが適切です

 

ポジショニングの練習

 

ポジショニングとは、

キーパーとしての位置取りのことです。

 

 

ポジショニングは、以下のように行うことができます。

 

 

ゴールライン上のポジショニング

 

ゴールライン上のポジショニングとは、

ゴールの前に立つ位置のことです。

 

 

ゴールライン上のポジショニングは、

ゴールの中央に立つのが基本です。

 

 

しかし、ボールの位置や相手の動きによって、

ゴールライン上のポジショニングは変える必要があります。

 

 

ゴールライン上のポジショニングの練習は、

自分でボールを投げたり、壁や柱に当てたりして、

 

 

ボールの軌道に合わせて、

ゴールライン上のポジショニングを変えることができます。

 

 

ゴールライン上のポジショニングの練習は、

20回から30回程度で行うことが適切です。

 

ゴールライン外のポジショニング

 

ゴールライン外のポジショニングとは、

ゴールの前から出る位置のことです。

 

 

ゴールライン外のポジショニングは、

ボールに近づくことで、シュートの角度を狭める効果があります。

 

 

しかし、ゴールライン外のポジショニングは、

ボールの位置や相手の動きによって、

適切なタイミングや距離を見極める必要があります。

 

 

ゴールライン外のポジショニングの練習は、

自分でボールを投げたり、壁や柱に当てたりして、

 

 

ボールの軌道に合わせて、

ゴールライン外の

ポジショニングを決めることができます。

 

 

ゴールライン外のポジショニングの練習は、

20回から30回程度で行うことが適切です。

 

 

ポジショニングの練習は、

自分の視線や判断を鍛えながら、

正しい位置に移動することができます。

 

 

ポジショニングの練習は、

15分から30分程度で行うことが適切です。

 

 

以上が、サッカーキーパーの自主トレの練習方法の一つ目です。

 

次に、サッカーキーパーの

自主トレの練習方法の二つ目について説明します。

 

ゴールキーパー育成プログラム【元・Jリーガーや指導者の多くが推薦する、現役GKコーチ園部大介 監修】オンライン版

 

3 .サッカーキーパーの自主トレの練習方法:セービングの種類とコツ

 

サッカーキーパーの自主トレで重要なのは、

セービングの練習です。

 

 

セービングとは、

相手のシュートを防ぐことですが、

その方法は様々です。

 

 

ここでは、

セービングの種類とそのコツを紹介します。

 

 

セービングの種類は、大きく分けて以下の4つです。

 

  • ハイボール:高い位置から飛んでくるボールをキャッチするかパンチするかの判断が必要です。キャッチする場合は、ボールを両手でしっかりと握り、胸の前に抱えます。パンチする場合は、ボールの真上にジャンプして、片手か両手でボールを強く叩きます。

 

  • ローボール:低い位置から飛んでくるボールをキャッチするか蹴り出すかの判断が必要です。キャッチする場合は、ボールの前に身体を横に倒して、両手でボールを押さえます。蹴り出す場合は、ボールの前に足を出して、ボールを強く蹴ります。

 

  • ダイビング:横に飛んでくるボールをキャッチするかはじき出すかの判断が必要です。キャッチする場合は、ボールの方向に身体を傾けて、両手でボールを掴みます。はじき出す場合は、ボールの方向に身体を傾けて、片手でボールを弾きます。

 

  • ワンオンワン:相手の選手と一対一になったときに、ボールを奪うか防ぐかの判断が必要です。ボールを奪う場合は、相手の選手の動きに合わせて、タイミングよく飛び出して、ボールをキャッチします。防ぐ場合は、相手の選手のシュートコースを狭めて、ボールをはじき出します。

 

セービングのコツは、以下の3つです。

 

  • 視野を広くする:相手の選手やボールの動きを見逃さないように、視野を広くすることが大切です。視野を広くするためには、目線を高く保ち、首を左右に動かすことが効果的です。

 

  • ポジショニングを正確にする:ボールに対して自分の位置を正確にすることが重要です。ポジショニングを正確にするためには、ゴールラインとボールの位置を意識し、常に中心に近い位置にいることが必要です。

 

  • 反応速度を上げる:ボールの速さやコースに対応するために、反応速度を上げることが必要です。反応速度を上げるためには、素早く動けるように筋力や柔軟性を鍛えることが効果的です。

 

まとめ:サッカーキーパーの自主トレのポイントと注意点

 

サッカーキーパーの自主トレでは、

セービングの練習が欠かせません。

 

 

セービングの種類には、

ハイボール、ローボール、ダイビング、ワンオンワンがあります。

 

 

それぞれのセービングには、判断力や技術が必要です。

 

 

セービングのコツは、

視野を広くする、ポジショニングを正確にする、

反応速度を上げるという3つです。

 

 

これらのコツを意識しながら、

自主トレを行うことで、

サッカーキーパーとしての能力を高めることができます。

 

 

サッカーキーパーの自主トレは、

自分の弱点を分析し、目標を設定し、

計画的に行うことが大切です。

 

 

また、自主トレだけでなく、

チームメイトやコーチとの

コミュニケーションも重要です。

 

 

サッカーキーパーは、

チームの最後の砦として、

責任感やリーダーシップを持つことが求められます。

 

 

自主トレを通じて、

自分の技術だけでなく、精神面も強化しましょう。

 

ゴールキーパー育成プログラム【元・Jリーガーや指導者の多くが推薦する、現役GKコーチ園部大介 監修】オンライン版

 

 

関連性の高い記事

ゴールキーパー必見!レギュラーを目指すための部活練習メニューと道具選び
ゴールキーパー志望者注目!レギュラーを目指すための部活練習メニューと道具選びのポイントを徹底解説。プロのアドバイスで実践的なトレーニングを身につけ、ゴールキーパーとしての実力を向上させましょう。必要な道具の選び方も解説して、自分に合った装備で自信を持ってプレーするための手助けをします。今すぐ読んで、レギュラーの座を掴むための一歩を踏み出そう!

 

コメント