サッカーのドリブル練習は一人でもできる!効果的なメニューとコーチングのコツ

PR
サッカードリブル
この記事は約12分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

サッカーのドリブル練習についてお役に立てると嬉しいです。

 

サッカーのドリブルの重要性と目的

 

サッカーはチームスポーツですが、

個人の技術も非常に重要です。

 

特に、ドリブルは

サッカーの基本中の基本と言えるでしょう。

 

ドリブルとは、

ボールを自分の足でコントロールしながら走ることですが、

これにはどんな意味があるのでしょうか?

 

 

ドリブルには以下のような目的があります。

 

攻撃の起点となる。

 

ドリブルで相手の守備を崩し、

シュートやパスのチャンスを作ることができる。

 

守備の回避となる。

 

ドリブルで相手のプレッシャーをかわし、

ボールを失わないようにすることができる。

 

時間の稼ぎとなる。

 

ドリブルでボールを保持し、

チームの攻撃や守備の形を整えることができる。

 

ドリブルは、

サッカーの攻守において欠かせないスキルです。

 

しかし、

ドリブルは簡単にできるようになるものではありません。

 

 

ドリブルには、

ボールタッチ、ボディバランス、視野、

判断力、スピード、テクニックなど、

多くの要素が関係しています。

 

 

これらの要素を高めるには、継続的な練習が必要です。

 

しかし、サッカーの練習は

チームや仲間と一緒にできるときが

限られているかもしれません。

 

 

そんなときには、

一人でもできるドリブル練習メニューを試してみましょう。

 

 

一人でもできるドリブル練習メニューは、

ボールタッチの練習、コーンドリブルの練習、

壁ドリブルの練習などがあります。

 

 

この記事では、

それぞれの練習メニューの効果とコツを紹介します。

 

一人でできるドリブル練習メニュー①:ボールタッチの練習

 

ボールタッチとは、

ボールに触れる回数や質のことです。

 

 

ボールタッチが多く、

正確であればあるほど、

ドリブルのコントロールが上手くなります。

 

 

ボールタッチの練習は、

一人でも簡単にできるドリブル練習メニューのひとつです。

 

 

ボールタッチの練習には、

以下のような方法があります。

 

足の裏でボールを転がす。

 

足の裏でボールを前後左右に転がし、

ボールの感覚を身につける。

 

足の裏のどの部分でボールを転がすかによって、

ボールの動きが変わることに注意する。

 

足の甲でボールを跳ねさせる。

 

足の甲でボールを軽く跳ねさせ、

ボールを空中でキャッチする。

 

左右の足を交互に使ってみたり、

ボールを高く跳ねさせたり、低く跳ねさせたりする。

 

足の内側でボールをトラップする。

 

足の内側でボールを受け止め、

ボールを止める。

 

ボールが跳ね返らないように、

足の角度や力加減を調整する。

 

ボールを止めたら、

足の内側でボールを蹴って、

もう一方の足でトラップする。

 

これらの練習は、

ボールと足の接触面積を増やし、

ボールのコントロール力を高める効果があります。

 

 

また、ボールタッチの練習は、

ドリブルの基本動作である

タッチトラップの技術を向上させる効果もあります。

 

 

タッチとは、ボールを蹴ることで、

ボールの方向やスピードを変えることです。

 

 

トラップとは、

ボールを受けることで、ボールの動きを止めることです。

 

 

タッチとトラップは、

ドリブルの際に繰り返し行われる動作です。

 

 

タッチとトラップが上手にできれば、

ドリブルのスムーズさや安定さが増します。

 

 

ボールタッチの練習は、

一人でもできるドリブル練習メニューの中でも、

最も基本的で効果的なものです。

 

 

ボールタッチの練習は、

毎日少しずつでも続けることが大切です。

 

 

ボールタッチの練習を習慣にして、

ドリブルのコントロール力を高めましょう。

 

一点突破ドリブル習得プログラム~2、3人を一気に抜くドリブルテクニック~【式田高義 監修】オンライン版

 

一人でできるドリブル練習メニュー②:コーンや障害物を使った練習

 

コーンや障害物を使った練習は、

一人でもできるドリブル練習メニューの中でも、

比較的簡単に準備できるものです。

 

 

コーンや障害物を使って、

ドリブルのコースを作ります。

 

 

そのコースをボールを持って走り抜けることで、

ドリブルの技術を向上させることができます。

 

 

コーンや障害物を使った練習には、

以下のような効果があります。

 

方向転換の練習になる。

 

コーンや障害物を回避しながらドリブルすることで、

足の動きやボールのタッチを素早く変えることができるようになる。

 

スペースの認識の練習になる。

 

コーンや障害物の間隔や配置によって、

ドリブルするスペースが変わる。

 

 

スペースに応じて、

ボールの速度や距離を

調整することができるようになる。

 

テクニックの練習になる。

 

コーンや障害物を使って、

様々なドリブルのテクニックを試すことができる。

 

 

例えば、足の外側や内側でボールを蹴る、

足の裏でボールを引く、足の甲でボールを押す、

 

 

足の裏でボールを止める

などのテクニックを練習することができる。

 

 

コーンや障害物を使った練習のコツは、

以下のようなものがあります。

 

コースの難易度を自分のレベルに合わせて調整する。

 

コーンや障害物の数や間隔や高さを変えることで、

コースの難易度を変えることができる。

 

 

最初は簡単なコースから始めて、

徐々に難易度を上げていくと良い。

 

ドリブルのスピードを変えてみる。

 

ドリブルのスピードを変えることで、

ボールのコントロール力や反応力を高めることができる。

 

 

最初はゆっくりとドリブルして、

コースを完走することを目標にする。

 

 

次に、少し速くドリブルして、

コースを完走する時間を短くすることを目標にする。

 

 

最後に、できるだけ速くドリブルして、

コースを完走する速度を競うことを目標にする。

 

ドリブルのバリエーションを増やしてみる。

 

ドリブルのバリエーションを増やすことで、

ドリブルの表現力や創造力を高めることができる。

 

 

例えば、コースの途中でボールを止めたり、

ボールを持ち替えたり、ボールを跳ねさせたり、

ボールを回したりするなどのバリエーションを試してみると良い。

 

 

コーンや障害物を使った練習は、

一人でもできるドリブル練習メニューの中でも、

楽しくて効果的なものです。

 

 

コーンや障害物を使って、

自分のドリブルの技術を磨きましょう。

 

一点突破ドリブル習得プログラム~2、3人を一気に抜くドリブルテクニック~【式田高義 監修】オンライン版

 

一人でできるドリブル練習メニュー③:壁やフェンスを使った練習

 

壁やフェンスを使った練習は、

一人でもできるドリブル練習メニューの中でも、

比較的手軽にできるものです。

 

 

壁やフェンスにボールを蹴って、

跳ね返ってくるボールをドリブルすることで、

ドリブルの技術を向上させることができます。

 

壁やフェンスを使った練習には、

以下のような効果があります。

 

反応力の練習になる。

 

壁やフェンスにボールを蹴ると、

ボールは予測しにくい角度や速度で跳ね返ってくる。

 

そのボールを素早くドリブルすることで、

反応力を高めることができる。

 

視野の練習になる。

 

壁やフェンスにボールを蹴ると、

ボールは自分の視界から一時的に消える。

 

そのボールを見失わないように、

視野を広く持つことができる。

 

パスの練習になる。

 

壁やフェンスにボールを蹴ると、

ボールは仮想のパス相手となる。

 

そのボールを正確にドリブルすることで、

パスの技術を向上させることができる。

 

壁やフェンスを使った練習のコツは、

以下のようなものがあります。

 

ボールの強さを変えてみる。

 

ボールの強さを変えることで、

ボールの跳ね返り方が変わる。

 

強く蹴れば、ボールは速く跳ね返ってくる。

 

弱く蹴れば、ボールはゆっくり跳ね返ってくる。

ボールの強さに合わせて、

ドリブルのスピードやタイミングを調整することができる。

 

ボールの角度を変えてみる。

 

ボールの角度を変えることで、

ボールの跳ね返り方が変わる。

 

 

直角に蹴れば、

ボールはまっすぐ跳ね返ってくる。

 

 

斜めに蹴れば、ボールは横に跳ね返ってくる。

 

ボールの角度に合わせて、

ドリブルの方向や距離を調整することができる。

 

ボールの位置を変えてみる。

 

ボールの位置を変えることで、

ドリブルの難易度が変わる。

 

 

ボールを自分の近くに置けば、

ドリブルの反応時間が短くなる。

 

 

ボールを自分の遠くに置けば、

ドリブルの反応時間が長くなる。

 

 

ボールの位置に合わせて、

ドリブルのコントロール力や

判断力を高めることができる。

 

 

壁やフェンスを使った練習は、

一人でもできるドリブル練習メニューの中でも、

簡単に始められるものです。

 

 

壁やフェンスを使って、

自分のドリブルの反応力や視野やパスを磨きましょう。

 

まとめ:ドリブル練習のコツとコーチングのポイント

 

この記事では、

一人でもできるドリブル練習メニューとして、

 

 

ボールタッチの練習、

コーンや障害物を使った練習、

壁やフェンスを使った練習を紹介しました。

 

 

これらの練習メニューは、

ドリブルの技術を高めるだけでなく、

楽しみながら練習することができます。

 

 

一人でもできるドリブル練習メニューは、

以下のようなコツを覚えておくと良いでしょう。

 

自分のレベルに合わせて練習する。

 

自分のレベルに合わせて、

練習の難易度や時間や回数を調整することが大切です。

 

自分に合わない練習をすると、

効果が出ないだけでなく、怪我のリスクも高まります。

 

自分のレベルを把握して、

無理をしないようにしましょう。

 

継続的に練習する。

 

ドリブルの技術は、

一日や一週間で身につくものではありません。

 

 

継続的に練習することで、

ドリブルの感覚や動作が身体に染み込んでいきます。

 

毎日少しずつでも練習することが、

ドリブルの上達につながります。

 

楽しく練習する。

 

ドリブルの練習は、

単調でつまらないものになりがちです。

 

 

しかし、ドリブルの練習は、

自分の好きな音楽を聴いたり、

 

 

自分の好きな選手やチームをイメージしたり、

自分の好きなテクニックを試したりすることで、

楽しくなることができます。

 

 

楽しく練習することで、

モチベーションや集中力が高まります。

 

 

ドリブルの練習は、

一人でもできるドリブル練習メニューを使って、

効果的に行うことができます。

 

 

一人でもできるドリブル練習メニューを活用して、

ドリブルの技術を向上させましょう。

 

 

ドリブルの技術が向上すれば、

サッカーの楽しさや自信も増えるはずです。

 

 

ドリブルの練習を通して、

サッカーの上達を目指しましょう。

 

一点突破ドリブル習得プログラム~2、3人を一気に抜くドリブルテクニック~【式田高義 監修】オンライン版

 

 

 

一人でもできる!サッカーキーパーの自主トレ練習方法とは?自宅でできるセービングの基本とコツ
サッカーキーパー必見!一人でもできる自主トレ練習方法を紹介。自宅で身につけるためのセービングの基本とコツを丁寧に解説。プロのような反射神経と確かな守備力を目指して、効果的なトレーニングを取り入れましょう。自宅で気軽に行える練習メニューで、サッカーキーパーの実力を向上させるための秘訣が満載。今すぐ読んで、ゴール前での安定感を手に入れましょう!

コメント