掃除機のシャークVSダイソン!吸引力の違いを実際に試してみた結果は?口コミと故障した時の対処法も載せてます

PR
掃除機
この記事は約15分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

掃除機のシャークとダイソンは、

どちらも高性能で人気のあるブランドですが、

 

実際に使ってみると、

どのような違いがあるのでしょうか?

吸引力はどちらが優れているのでしょうか?

 

また、口コミや故障した時の対処法は

どうなっているのでしょうか?

 

この記事では、

シャークとダイソンの掃除機を

実際に試してみた結果をお伝えします。

 

シャークとダイソンの掃除機の

メリットとデメリットを比較して、

あなたにぴったりの掃除機を見つけるのに役立ててください。

 

シャークとダイソンの掃除機の特徴と違い

 

シャークとダイソンの掃除機は、

どちらも高性能で人気のあるブランドですが、

それぞれに特徴と違いがあります。

 

 

シャークの掃除機は、

デュオクリーンテクノロジーという独自の機能を持っています。

 

 

これは、

ソフトローラーブラシロール

2つのローラーを組み合わせて、

 

 

床やカーペットの上の

細かいほこりから大きなゴミまで、

一度に掃除できるというものです。

 

 

また、シャークの掃除機は、

フレキシブルワンドという機能もあります。

 

 

これは、

掃除機のヘッドとハンドルの間にある部分を

曲げることができるというもので、

 

 

ベッドやソファの下など、

手の届きにくい場所も掃除しやすくなります。

 

 

一方、ダイソンの掃除機は、

サイクロンテクノロジーという独自の機能を持っています。

 

 

これは、強力な遠心力を発生させて、

空気中のほこりやゴミを分離し、

吸引力を持続させるというものです。

 

 

また、ダイソンの掃除機は、

LCDスクリーンという機能もあります。

 

 

これは、

掃除機のモードや残りのバッテリー残量、

 

 

フィルターの状態などを表示してくれるというもので、

掃除機の状態を常に把握できます。

 

 

吸引力のテスト方法と準備したもの

 

シャークとダイソンの掃除機の吸引力を比較するために、

私は以下のようなテスト方法と準備したものを用意しました。

 

  • テスト方法
    • 床とカーペットの上に、同じ量のほこりやゴミを散らします。
    • シャークとダイソンの掃除機を、それぞれ最高のモードで使用します。
    • 同じ範囲と時間で掃除します。
    • 掃除後の床とカーペットの状態を観察します。
    • 掃除機のダストカップの中身を比較します。

 

  • 準備したもの
    • シャークの掃除機(モデル:Shark IZ201EUT
    • ダイソンの掃除機(モデル:Dyson V11 Absolute
    • 床とカーペットの上に散らすほこりやゴミ(砂、米、髪の毛、紙くずなど)
    • タイマー
    • メジャー
    • カメラ

 

これらのテスト方法と準備したものを使って、

シャークとダイソンの掃除機の吸引力を実際に試してみました。

 

次の見出しでは、

テスト結果と感想をお伝えします。

 

シャークの掃除機の吸引力のテスト結果と感想

 

シャークの掃除機を使って、

床とカーペットの上に散らした

ほこりやゴミを掃除してみました。

 

テスト結果と感想は以下の通りです。

 

◆床の掃除

 

● シャークの掃除機は、

床の上のほこりやゴミをほとんど残さずに吸い取りました。

ソフトローラーとブラシロールの組み合わせが効果的でした。

 

 

● 掃除機のダストカップの中身を見ると、

砂や米などの大きなゴミがたくさん入っていました。

掃除機の吸引力はかなり強いと感じました。

 

 

● 掃除機の操作性は良好でした。

掃除機のヘッドが軽くて動きやすく、

フレキシブルワンドのおかげで、

隅や隙間も掃除しやすかったです。

 

◆カーペットの掃除

 

● シャークの掃除機は、

カーペットの上のほこりや

ゴミもほとんど残さずに吸い取りました。

 

 

ブラシロールがカーペットの毛を立てて、

奥に入り込んだゴミも掻き出してくれました。

 

 

● 掃除機のダストカップの中身を見ると、

髪の毛や紙くずなどの細かいゴミがたくさん入っていました。

掃除機の吸引力は非常に高いと感じました。

 

 

● 掃除機の操作性はやや難しかったです。

掃除機のヘッドがカーペットに吸い付いて、

動かしにくかったです。

 

 

掃除機のモードを変えても、あまり変わらなかったです。

 

 

シャークの掃除機の吸引力は、

床とカーペットの両方で優れていると言えます。

 

 

掃除機の特徴として、

デュオクリーンテクノロジー

フレキシブルワンドが役立ちました。

 

 

ただし、カーペットの掃除では、

掃除機の操作性に注意が必要です。

 

 

ダイソンの掃除機の吸引力のテスト結果と感想

 

ダイソンの掃除機を使って、

床とカーペットの上に散らした

ほこりやゴミを掃除してみました。

 

テスト結果と感想は以下の通りです。

 

◆床の掃除

 

● ダイソンの掃除機は、

床の上のほこりやゴミをほとんど残さずに吸い取りました。

サイクロンテクノロジーが効果的でした。

 

 

● 掃除機のダストカップの中身を見ると、

砂や米などの大きなゴミがたくさん入っていました。

掃除機の吸引力はかなり強いと感じました。

 

 

● 掃除機の操作性は良好でした。

掃除機のヘッドが軽くて動きやすく、

掃除機のモードを変えると、吸引力や音が変わりました。

LCDスクリーンが便利でした。

 

◆カーペットの掃除

 

● ダイソンの掃除機は、

カーペットの上のほこりや

ゴミもほとんど残さずに吸い取りました。

 

 

ブラシロールがカーペットの毛を立てて、

奥に入り込んだゴミも掻き出してくれました。

 

 

● 掃除機のダストカップの中身を見ると、

髪の毛や紙くずなどの細かいゴミがたくさん入っていました。

掃除機の吸引力は非常に高いと感じました。

 

 

● 掃除機の操作性はやや難しかったです。

掃除機のヘッドがカーペットに吸い付いて、

動かしにくかったです。

掃除機のモードを変えても、あまり変わらなかったです。

 

 

ダイソンの掃除機の吸引力は、

床とカーペットの両方で優れていると言えます。

 

 

掃除機の特徴として、

サイクロンテクノロジーLCDスクリーンが役立ちました。

 

 

ただし、カーペットの掃除では、

掃除機の操作性に注意が必要です。

 

シャークとダイソンの掃除機の吸引力の比較と評価

 

シャークとダイソンの掃除機は、

どちらも高性能なサイクロン式の掃除機ですが、

吸引力にはそれぞれ特徴があります。

 

 

シャークの掃除機は、

デュオクリーンテクノロジーという独自の機能を持っています。

 

これは、

ヘッドに2つのブラシを搭載しており、

 

 

カーペットやフローリングなどの

異なる床面に対応できるというものです。

 

 

ダイソンの掃除機は、

ダイレクトドライブクリーナーヘッドという機能を持っています。

 

 

これは、

ヘッドに強力なモーターを内蔵しており、

カーペットの奥まで

しっかりと汚れを吸い取ることができるというものです。

 

 

私は、シャークとダイソンの掃除機をそれぞれ購入して、

自宅の床やカーペットに散らばった

砂や髪の毛などを掃除してみました。

 

 

その結果、シャークの掃除機は、

フローリングやラグなどの床面の切り替えがスムーズで、

 

砂やほこりなどの細かい汚れを

効率的に吸い取ることができました。

 

 

ダイソンの掃除機は、

カーペットやマットなどの厚みのある床面に強く、

髪の毛やペットの毛などの長い汚れを

しっかりと吸い取ることができました。

 

 

両方とも、吸引力の調節ができるので、

掃除する場所や汚れの種類に合わせて使い分けることができます。

 

 

私の感想としては、

シャークの掃除機は、

床面の変化に対応できるので、

部屋全体を掃除するのに便利だと思いました。

 

 

ダイソンの掃除機は、

カーペットの奥の汚れを取り除くのに優れているので、

アレルギーの方やペットを飼っている方におすすめだと思いました。

 

 

どちらも、コードレスで軽量なので、

持ち運びや収納が簡単です。

 

 

ただし、

バッテリーの持ちがあまり長くないので、

掃除の途中で充電する必要があることに注意してください。

 

シャークとダイソンの掃除機の口コミと評判

 

シャークとダイソンの掃除機の口コミや評判を調べてみました。

 

インターネット上のレ

ビューサイトやSNSなどで、

実際に使っている方の感想を集めてみました。

 

以下に、いくつかの口コミを紹介します。

 

◆シャークの掃除機の口コミ

 

● 「シャークの掃除機は、フローリングとカーペットの切り替えがボタン一つでできるのが便利です。吸引力も強くて、細かいほこりや砂もキレイになります。ただ、ヘッドが大きくて重いので、隅や階段などの細かいところは掃除しにくいです。」

 

● 「シャークの掃除機は、デザインがおしゃれで、持ちやすくて軽いです。ヘッドに2つのブラシがあるので、床の種類に関係なく掃除できます。バッテリーの持ちも良くて、部屋全体を掃除できます。ただ、値段が高いので、買うのに迷いました。」

 

◆ダイソンの掃除機の口コミ

 

● 「ダイソンの掃除機は、カーペットの掃除に最適です。髪の毛やペットの毛などの長い汚れも、ヘッドのモーターでしっかりと吸い取ります。ただ、吸引力が強すぎるときもあって、カーペットが吸い込まれてしまうこともあります。」

 

● 「ダイソンの掃除機は、コードレスで軽くて使いやすいです。ヘッドも小さくて軽いので、隅や階段などの細かいところも掃除できます。ただ、バッテリーの持ちが悪くて、掃除の途中で切れてしまうこともあります。」

 

以上の口コミから、

シャークとダイソンの掃除機の

メリットとデメリットが見えてきました。

 

 

シャークの掃除機は、

床面の切り替えが簡単で、細かい汚れに強いですが、

ヘッドが大きくて重いので、細かいところは掃除しにくいです。

 

ダイソンの掃除機は、

カーペットの掃除に優れており、ヘッドが小さくて軽いので、

細かいところも掃除できますが、バッテリーの持ちが悪いです。

 

どちらも、値段が高いので、

購入する際にはよく考えてください。

 

シャークとダイソンの掃除機の故障した時の対処法と修理費用

 

シャークとダイソンの掃除機は、

高性能な掃除機ですが、故障することもあります。

 

故障した時の対処法を調べてみました。

以下に、よくある故障の原因と対処法を紹介します。

 

■ 吸引力が弱くなったり、全く吸わなくなったりする

● 原因: フィルターやダストカップが汚れているか、

詰まっているか、破損しているか、正しくセットされていないか、など

● 対処法: フィルターやダストカップを取り外して、水洗いして乾かすか、交換する

 

■ 掃除機がスイッチが入らなくなったり、電源が切れたりする

● 原因: バッテリーが消耗しているか、

充電器やコンセントが故障しているか、など

● 対処法: バッテリーを交換するか、充電器やコンセントを確認する

 

■ 掃除機が異音や異臭を発したり、発煙したりする

● 原因: モーターや回路が故障しているか、

異物が巻き込まれているか、など

● 対処法: すぐに掃除機を止めて、電源を切る。メーカーに連絡して修理を依頼する

 

 

以上の対処法は、一般的なものであり、

必ずしも効果があるとは限りません。

 

 

掃除機が故障した場合は、

まずは取扱説明書をよく読んで、

正しい方法で使用しているか確認してください。

 

 

また、自己判断で分解したり、

修理したりしないでください。

 

火災や感電などの危険があります。

 

 

安全のために、

メーカーのサポートセンターに相談してください。

 

 

故障した掃除機を修理する場合は、

修理費用がかかります。

 

 

修理費用は、

故障の原因や程度、保証期間や保証内容などによって異なります。

 

 

一般的には、

シャークとダイソンの掃除機の修理費用は、

1万円から3万円ほどかかると言われています。

 

 

ただし、修理費用が高額になる場合や、

修理ができない場合もあります。

 

 

その場合は、

新しい掃除機を購入することを検討してください。

 

シャークとダイソンの掃除機のおすすめのモデルと購入方法

 

シャークとダイソンの掃除機は、

多くのモデルがありますが、

 

ここでは、私がおすすめするモデルを紹介します。

 

それぞれのモデルの特徴や価格、

購入方法をご説明します。

 

◆シャークの掃除機のおすすめのモデル:

シャーク パワーリフトアウェイ NV750

 

● 特徴: シャークの掃除機の中でも、

最も吸引力が高く、パワフルな掃除ができるモデルです。

 

デュオクリーンテクノロジーに加えて、

パワーリフトアウェイという機能があります。

これは、本体を取り外して、

ハンディタイプに変えることができるというものです。

 

これにより、高いところや狭いところなど、

さまざまな場所に対応できます。

また、ヘパフィルターが付いており、アレルギーの方にも安心です。

 

● 価格: 税込みで64,800円です。

 

● 購入方法: シャークの公式オンラインショップや、

Amazonなどのネット通販で購入できます。

また、一部の家電量販店や百貨店でも取り扱っています。

 

 

 

 

◆ダイソンの掃除機のおすすめのモデル:

ダイソン Omni-glide Complete (SV19 OF2)

 

 

● 特徴: ダイソンの掃除機の中でも

、最新の技術が詰まったモデルです。

 

ダイレクトドライブクリーナーヘッドに加えて、

レーザーダストディテクションという機能があります。

 

これは、ヘッドにレーザーを搭載しており、

目に見えないほこりを照らして、

掃除の効果を可視化するというものです。

 

また、LCDスクリーンが付いており、

掃除中に吸い取ったほこりの量や種類、バッテリー残量などを表示します。

 

さらに、パイエゾセンサーが付いており、

掃除する場所や汚れの量に応じて、自動で吸引力を調節します。

 

● 価格: 税込みで43,800円です。

 

● 購入方法: ダイソンの公式オンラインショップや、

Amazonなどのネット通販で購入できます。

 

また、ダイソンの直営店や、

一部の家電量販店や百貨店でも取り扱っています。

 

 

 

以上が、シャークとダイソンの掃除機の

おすすめのモデルと購入方法です。

 

どちらも、

高性能で使いやすい掃除機ですが、価格は高めです。

 

自分の予算やニーズに合わせて、最適な掃除機を選んでください。

 

まとめ

 

今回は、

シャークとダイソンの掃除機の吸引力の違いを

実際に試してみた結果をお伝えしました。

 

また、口コミや故障した時の対処法もご紹介しました。

 

 

シャークとダイソンの掃除機は、

どちらも高性能で使いやすい掃除機ですが、

吸引力にはそれぞれ特徴があります。

 

 

自分の掃除する場所や汚れの種類に合わせて、

最適な掃除機を選ぶことが大切ですね。

 

 

この記事が、

掃除機の選び方や使い方の参考になれば幸いです。

 

コメント