サッカーでドリブルを極める!テクニックを高める練習と、ドリブルの種類とコツを徹底解説

PR
サッカー
この記事は約10分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

サッカーでは、

ドリブルは最も

基本的かつ重要なスキルの一つです。

 

 

ドリブルは、

ボールを自分の足元に保ちながら、

 

 

相手のプレッシャーをかわして、

攻撃のチャンスを作る能力です。

 

 

ドリブルが上手な選手は、

相手の守備を崩すことができますし、

自分のチームメイトにもスペースを作ってくれます。

 

 

ドリブルは、

サッカーの魅力を最大限に引き出すテクニックです。

 

 

しかし、

ドリブルは簡単に見えて、

実はとても難しいテクニックです。

 

 

 

ドリブルをするには、

ボールコントロール、判断力、視野、

バランス、スピード、敏捷性など、多くの要素が必要です。

 

 

ドリブルを上達させるには、効果的な練習方法と、

ドリブルの種類とコツを知ることが大切です。

 

 

この記事では、

サッカーでドリブルを極めるために、

 

 

テクニックを高める練習と、

ドリブルの種類とコツを徹底解説します。

 

 

この記事を読んで、

ドリブルのスキルを向上させて、

サッカーの楽しさを感じてください。

 

 

 

1. ドリブルの基本姿勢と動き

 

ドリブルをするときの基本姿勢

 

 

身体は前傾し、膝は曲げて、重心は低くします。

 

これにより、ボールに近づき、バランスを保ちやすくなります。

 

 

足の甲や内側、外側など、

足のさまざまな部分を使って、ボールをコントロールします。

 

足の部分によって、ボールの回転や方向を変えることができます。

 

 

ボールとの距離は、

自分の足の長さの半分程度にします。

 

ボールが遠すぎると、相手に奪われやすくなりますし、

近すぎると、自分の足に引っかかってしまいます。

 

 

ボールを見るのではなく、周りの状況を見ます。

 

ボールを見ると、視野が狭くなり、

相手の動きや自分のチームメイトの位置を見失ってしまいます。

 

ボールは足元にあるので、感覚でコントロールするようにします。

 

 

ボールを動かしながら、自分の身体も動かします。

 

ボールを止めてしまうと、

スピードが落ちて、相手に追いつかれてしまいます。

 

ボールを動かすと同時に、

自分の身体も前後左右に動かして、相手をかわします。

 

 

2. ドリブルの種類とコツ

 

ドリブルには、さまざまな種類があります。

それぞれに特徴やコツがあります。

 

2.1. スピードドリブル

 

スピードドリブルとは、

ボールを素早く前に進めるドリブルです。

 

スペースがあるときや、

カウンター攻撃のときに有効です。

 

 

スピードドリブルのコツ

 

ボールを足の甲で蹴り出します。

 

足の甲は、足の中で最も力が強く、

ボールを遠くに飛ばすことができます。

 

 

ボールを蹴り出した後、素早く走ります。

 

ボールが遠くに飛んだら、

自分のスピードを上げて、ボールに追いつきます。

ボールとの距離は、自分の走りやすい範囲にします。

 

 

ボールを追いかけるとき、相手の位置や動きを見ます。

 

相手が近づいてきたら、

ボールを別の方向に蹴り出して、相手をかわします。

相手が離れているときは、ボールをまっすぐに進めます。

 

 

2.2. ターンドリブル

 

ターンドリブルとは、

ボールを回転させて、方向を変えるドリブルです。

 

相手の前に立ちふさがられたときや、

自分の背後に相手がいるときに有効です。

 

 

ターンドリブルのコツ

 

ボールを足の内側や外側で蹴ります。

 

足の内側や外側は、足の中で最も柔らかく、

ボールに回転をかけることができます。

 

ボールを蹴った後、自分の身体も回転させます。

 

ボールが回転したら、

自分の身体も同じ方向に回転してボールに追従します。

自分の身体を回転させるとき、重心を低くして、バランスを保ちます。

 

ボールを回転させるとき、相手の位置や動きを見ます。

 

相手が追いかけてきたら、

ボールを反対の方向に回転させて、相手をかわします。

相手が離れているときは、ボールを自分の進みたい方向に回転させます。

 

2.3. フェイントドリブル

 

フェイントドリブルとは、

ボールを動かさずに、

自分の身体や目線で相手を惑わせるドリブルです。

 

相手の反応を見て、隙をつくときに有効です。

 

 

フェイントドリブルのコツ

 

ボールを足の裏で軽く押さえます。

 

足の裏は、足の中で最も感覚が良く、

ボールを止めることができます。

 

 

ボールを止めた後、自分の身体や目線で相手を騙します。

 

自分の身体や

目線を進みたくない方向に向けて、

相手にそちらに進むように見せかけます。

 

相手がその方向に動いたら、自分は反対の方向に進みます。

 

 

ボールを動かさないとき、相手の位置や動きを見ます。

 

相手が近づいてきたら、

ボールを素早く動かして、相手をかわします。

相手が離れているときは、ボールを止めたまま相手の反応を見ます。

 

 

 

一点突破ドリブル習得プログラム~2、3人を一気に抜くドリブルテクニック~【式田高義 監修】オンライン版

 

3. ドリブルを上達させる練習方法

 

ドリブルの種類とコツを知ったら、

次は実践的な練習方法を紹介します。

 

 

ドリブルを上達させるには、

下記のような練習方法がおすすめです。

 

 3.1. コーンドリブル

 

コーンドリブルとは、

コーンやマーカーなどを置いて、

その間をドリブルする練習です。

 

 

コーンドリブルは、

ボールコントロールや方向転換の能力を高めるのに効果的です。

 

 

コーンドリブルのやり方

 

コーンやマーカーを、自分の好きな間隔や形で置きます。

 

例えば、直線や曲線、三角形や四角形など、

さまざまなパターンを作ることができます。

 

 

ボールを持って、コーンやマーカーの間をドリブルします。

 

コーンやマーカーにぶつからないように、

ボールをコントロールしながら、スピードを上げていきます。

 

 

コーンやマーカーの間をドリブルしたら、

 

反対側からもう一度ドリブルします。

同じコースを繰り返すことで、ドリブルの感覚を身につけます。

 

 

コーンやマーカーの間隔や形を変えて、

 

ドリブルの難易度を上げていきます。

例えば、間隔を狭くしたり、形を複雑にしたり、

コーンやマーカーの数を増やしたりします。

 

3.2. ワンツードリブル

 

ワンツードリブルとは、

パートナーとボールをパスしながら、ドリブルする練習です。

 

 

ワンツードリブルは、

パスとドリブルの連携や判断力を高めるのに効果的です。

 

 

ワンツードリブルのやり方

 

 パートナーとボールを持って、

コートやグラウンドなどの広いスペースに入ります。

パートナーは自分と反対側に立ちます。

 

 

 ボールを持っている方が、

パートナーに向かってドリブルします。

ドリブルしながら、パートナーの位置や動きを見ます。

 

 

 ドリブルしている方が、

パートナーにボールをパスします。

パスするときは、パートナーの足元にボールを送るのではなく、

パートナーが走りやすい方向にボールを送ります。

 

 

 パスした後、ドリブルしていた方は、

パートナーの後ろを追いかけて、パートナーの近くに移動します。

パートナーは、ボールを受けたら、自分でドリブルします。

 

 

 パートナーがドリブルしているとき、

パスした方は、パートナーの位置や動きを見ます。

パートナーがボールをパスするタイミングを予測して、

パスを受ける準備をします。

 

 

 パートナーがボールをパスしたら、

パスを受けた方は、またパートナーに向かってドリブルします。

 

 

 

このように、

パスとドリブルを繰り返して、

コートやグラウンドを走ります。

 

3.3. ゲームドリブル

 

ゲームドリブルとは、

実際の試合に近い状況で、ドリブルする練習です。

 

ゲームドリブルは、

ドリブルの応用力や戦術力を高めるのに効果的です。

 

 

ゲームドリブルのやり方

 

① チームを作って、コートやグラウンドなどのスペースに入ります。

チームは、自分のチームと相手のチームに分かれます。

 

 

② ボールを持っているチームは、ドリブルしながら、

相手のゴールに向かって攻撃します。

ボールを持っていないチームは、ドリブルしているチームを防御します。

 

 

③ ドリブルしながら、自分のチームメイトや相手の動きを見ます。

自分のチームメイトにパスするときや、相手をかわすときに、

ドリブルの種類やコツを使って、効果的なドリブルをします。

 

 

④ ドリブルしているチームが、

相手のゴールにボールを入れたら、得点になります。

ドリブルしていないチームが、ボールを奪ったら、

攻守が交代になります。このように、ドリブルで得点を競います。

 

4. まとめ

 

この記事では、

サッカーでドリブルを極めるために、

 

 

テクニックを高める練習と、

ドリブルの種類とコツを徹底解説しました。

 

 

ドリブルは、

サッカーの基本的かつ重要なスキルです。

 

 

ドリブルが上手になると、

サッカーの楽しさや自信も増します。

 

 

ぜひ、この記事を参考にして、

ドリブルのスキルを向上させてください。

 

そしてサッカーを楽しんでください。

 

一点突破ドリブル習得プログラム~2、3人を一気に抜くドリブルテクニック~【式田高義 監修】オンライン版

コメント