ルンバ i2が動かない時の故障の対処法は?エラーコード一覧と赤く点滅する原因をチェック

PR
掃除機
この記事は約12分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

ルンバ i2は、

自動で部屋の掃除をしてくれる

便利なロボット掃除機です。

 

 

しかし、

時々動かなくなったり、

エラーが発生したりすることがあります。

 

 

そんな時は、どうすればいいのでしょうか?

 

 

この記事では、

ルンバ i2が動かない時の故障の対処法を紹介します。

 

 

また、エラーコードの一覧と、

赤く点滅する原因もチェックしていきます。

 

 

ルンバ i2が動かない時の故障の対処法

 

ルンバ i2が動かない時は、

まず以下のことを確認してみましょう。

 

● バッテリーの残量が十分かどうか
● 充電ベースにしっかりと接続されているかどうか
● ルンバ i2の下に何か引っかかっていないかどうか
● ルンバ i2のブラシやホイールにゴミや髪の毛が絡まっていないかどうか
● ルンバ i2のセンサーに汚れやほこりが付着していないかどうか

 

これらの点をチェックして、

問題がなければ、ルンバ i2を再起動してみましょう。

 

 

再起動の方法は、

ルンバ i2の上にあるクリーンボタンを

10秒間押し続けるだけです。

 

 

再起動後、ルンバ i2が正常に動くかどうか確認してください。

 

アイロボットのお問い合わせはこちら

 

 

ルンバ i2のエラーコード一覧【ブックマーク必須】

エラーコード1〜17は一般的なトラブルに関連しています。

 

 

 

エラーコード一覧「18~40」

エラーコードエラーメッセージ原 因確認事項
エラー1表面が凸凹です。平らな面に置いて、Cleanボタンを押してください左車輪が床から浮いている、またはルンバが立ち往生しています両方の車輪が凸凹の表面に乗っていないか確認してください
エラー2ブラシを掃除し、Cleanボタンを押してくださいデュアルアクションブラシが回転していませんブラシが詰まっていないか確認してください
エラー3表面が凸凹です。平らな面に置いて、Cleanボタンを押してください右車輪が床から浮いている、またはルンバが立ち往生しています両方の車輪が凸凹の表面に乗っていないか確認してください
エラー4車輪のごみを取り、Cleanボタンを押してください左車輪が停止しています。左車輪に何かが詰まっています左車輪にゴミや髪の毛が絡んでいないか確認してください
エラー5車輪のごみを取り、Cleanボタンを押してください右車輪が停止しています。右車輪に何かが詰まっています右車輪にゴミや髪の毛が絡んでいないか確認してください
エラー6段差を検知しました。別の場所に移動させてからCleanボタンを押してください常に段差を検知しています。段差センサーにごみが付着していないかチェックしてください段差センサーにゴミや髪の毛が絡んでいないか確認してください
エラー7車輪に問題があります。アプリのヘルプをご覧ください左車輪が床に接触しており、ロボットが感知できません左車輪が床に接触しているか確認してください
エラー8清掃に問題があります。アプリのヘルプをご覧ください吸い込みが弱い状態ですダスト容器が満杯になっていないか確認してください
エラー9バンパーを軽くたたいて詰まった状態を解除し、Cleanボタンを押してください常に何かにぶつかります。バンパーにごみが詰まったか、バンパーが外れた状態ですバンパーにゴミや髪の毛が絡んでいないか確認してください
エラー10車輪に問題があります。アプリのヘルプをご覧ください右車輪が床に接触しており、ロボットが感知できません右車輪が床に接触しているか確認してください
エラー11清掃に問題があります。アプリのヘルプをご覧ください吸引モーターが動いていません吸引モーターの故障が考えられます
エラー12段差を検知しました。別の場所に移動させてからCleanボタンを押してください段差センサー段差センサーにごみが付着していないか確認してください
エラー13表面が凸凹です。平らな面に置いて、Cleanボタンを押してください両方の車輪が凸凹の表面に乗っています両方の車輪が平らな面に置かれているか確認してください
エラー14ダスト容器をもう一度取り付けて、Cleanボタンを押してくださいダスト容器がロボットに接続されていない、または認識できませんダスト容器が正しく取り付けられているか確認してください
エラー15内部ボードエラーです内部ボードの故障が考えられますアイロボットサービスセンターにお問い合わせください
エラー16ロボットを平らな面に移動し、Cleanボタンを押してくださいロボットが清掃開始時に何かにぶつかりました。バンパーが外れていますバンパーが正しく取り付けられているか確認してください
エラー17ナビゲーションに問題があります。アプリのヘルプをご覧ください清掃中にロボットが不明のエリアに入り、ホームベースに戻れませんルンバの周囲に障害物がないか確認してください
エラーコードエラーメッセージ原 因確認事項

エラーコード一覧「1~17」

 

 

エラーコード18〜40は
主にナビゲーションとバッテリーに関連した問題が発生します。

 

エラーコードエラーメッセージ原 因確認事項
エラー18ドッキングに問題があります。ホームベースに置いて充電してください。清掃作業が完了しましたが、ロボットはホームベースに戻れません。ホームベースの場所や周囲に障害物がないか確認してください。
エラー19ドッキングの解除に問題があります。障害物を取り除き、Cleanボタンを押してください。正しくドッキングを解除できませんでした。ホームベースの近くにある物にぶつかった可能性もあります。ホームベースの周囲に障害物がないか確認してください。
エラー20アプリのヘルプをご覧ください。ルンバに内部通信エラーが発生しています。ルンバ本体を再起動してください。
エラー21アプリのヘルプをご覧ください。モビリティボードとの通信ができません。ロボット本体を再起動してください。ルンバ本体を再起動してください。
エラー22別の場所に移動させてからCleanボタンを押してください。ルンバの環境に問題がある可能性があります。別の場所に移動させて再度稼働させてください。ルンバの周囲に障害物がないか確認してください。
エラー23バッテリーの認証ができません。iRobot認定のバッテリーかどうか確認してください。バッテリーが認証されていない可能性があります。iRobot認定のバッテリーを使用してください。バッテリーがiRobot認定のものであるか確認してください。
エラー24平らな面に置いて、Cleanボタンを押してください。ルンバの環境に問題がある可能性があります。別の場所に移動させて再度稼働させてください。ルンバの周囲に障害物がないか確認してください。
エラー25アプリのヘルプをご覧ください。内部ボードエラーです。ロボット本体を再起動してください。ルンバ本体を再起動してください。
エラー26清掃に問題があります。アプリのヘルプをご覧ください。清掃が停止しました。フィルターが詰まっている可能性があります。ダスト容器とフィルターを清掃してください。
エラー27清掃に問題があります。アプリのヘルプをご覧ください。吸引モーターが過熱している可能性があります。ルンバ本体を冷却させてください。
エラー29アプリのヘルプをご覧ください。ソフトウエアの更新中のエラーです。ルンバ本体を再起動してください。
エラー30清掃に問題があります。アプリのヘルプをご覧ください。清掃を開始できません。ルンバ本体を再起動してください。
エラー32アプリのヘルプをご覧ください。ロボットのスマートマッピングのバージョンがアプリ内のマップと一致しません。ルンバ本体を再起動してください。
エラー33別の場所に移動させてからCleanボタンを押してください。ロボットが、スマートマッピングが示すコースどおり清掃できません。コースに障害物がある可能性があります。ルンバの周囲に障害物がないか確認してください。
エラー34アプリのヘルプをご覧ください。内部通信エラーです。ロボット本体を再起動してください。ルンバ本体を再起動してください。
エラー36ダスト容器を空にしてください。ダスト容器を空にしてもゴミフルセンサーがサインが解除されません。ダスト容器を完全に空にしてください。
エラー38アプリのヘルプをご覧ください。電力通信の問題です。ロボット本体を再起動してください。ルンバ本体を再起動してください。
エラー39アプリのヘルプをご覧ください。電力通信の問題です。ロボット本体を再起動してください。ルンバ本体を再起動してください。
エラー40ロボットがバーチャルウォール®の赤外線によるナビゲーショントラブルで立ち往生しています。
エラーコードエラーメッセージ原 因確認事項

エラーコード一覧「18~40」

 

 

エラーメッセージ41〜1010は、
高度なトラブルや特殊な状況に関連する可能性があります。

 

エラーコードエラーメッセージ原因確認事項
エラー41アプリのヘルプをご覧ください。清掃エリア全体の清掃が完了する前に時間切れになります。Cleanボタンを押して清掃ミッションを再開します。清掃時間を延長するか、清掃エリアを小さくしてください。
エラー42部屋を指定した清掃で位置の再確認ができません。部屋を指定した清掃で、ロボットが位置の再確認ができません。部屋の境界線が正しく設定されているか確認してください。
エラー43ホームベースからの出発ではなく、ホームベースからの赤外線の照射範囲内から清掃が開始されました。ホームベースからの出発ではなく、ホームベースからの赤外線の照射範囲内から清掃が開始されました。ホームベースの位置を変更してください。
エラー46バッテリー残量が少なくなっています。充電してください。清掃終了時にバッテリー残量が低く、ホームベースに戻れません。バッテリーを充電してください。
エラー47アプリのヘルプをご覧ください。ロボットの補正が無効です。ロボット本体を再起動してください。ルンバ本体を再起動してください。
エラー48ルンバの清掃コースロボットの補正が無効です。ロボット本体を再起動してください。ルンバ本体を再起動してください。
エラー66アプリのヘルプをご覧ください。メモリの限界に達しました。ルンバ本体を再起動してください。
エラー68アプリのヘルプをご覧ください。清掃中にカメラの問題が発生しました。ルンバ本体を再起動してください。
エラー74アプリのヘルプをご覧ください。清掃制限エリアに到達しました。清掃エリアを調整してください。
エラー75アプリのヘルプをご覧ください。障害物の周囲で立ち往生しています。障害物を除去してください。
エラー88バックアップが拒否されました。これ以上安全にバックアップできないと判断しました。ルンバ本体を再起動してください。
エラー89清掃時間が長すぎます。ロボットの清掃時間が長すぎます。清掃時間を短縮してください。
エラー99ミッションレポートに「未完成」と表示ロボットが既知のランドマークに基づいて自己位置推定ができず、清掃を完了できなかったため、清掃作業を中止しました。ルンバ本体を再起動してください。
エラー
1003
ヘルプが必要な場合はアプリを確認してください内部通信エラールンバ本体を再起動してください。
エラー
1010
ヘルプが必要な場合はアプリを確認してくださいロボットが充電ステーションへ戻れませんホームベースの位置や周囲に障害物がないか確認してください。
エラーコードエラーメッセージ原 因確認事項

エラーコード一覧「41~1010」

 

1から1010までのエラーコードがあり、
各コードには原因と対処方法が記載されています。

 

 

エラーコードが表示された場合は、
原因を確認し、対処方法を実施することで
解決できる可能性があります。

 

 

ただし、エラーコード15、25、34、47、48は内部ボードの故障が考えられます。

 

 

 

ルンバ i2の赤く点滅する原因

 

ルンバ i2の

クリーンボタンの周りのリングが赤く点滅するのは

エラーが発生した時だけではありません。

 

 

次の場合も、

赤く点滅することがあります。

 

▼ ルンバ i2が充電中の時
▼ ルンバ i2がスケジュールモードに設定されている時
▼ ルンバ i2がWi-Fiに接続されていない時
▼ ルンバ i2がアップデートを必要としている時

 

これらの場合は、エラーではなく、

ルンバ i2の状態を知らせるためのサインです。

 

 

赤く点滅するパターンによって、

ルンバ i2の状態を判断することができます。

 

 

詳しくは、

ルンバ i2の取扱説明書を参照してください。

 

まとめ

 

ルンバ i2が動かない時の故障の対処法を紹介しました。

 

 

エラーコードの一覧と、

赤く点滅する原因もチェックしました。

 

 

ルンバ i2は、

定期的にメンテナンスをして、

清潔に保つことが最も大切です。

 

 

また、バッテリーの寿命や

充電ベースの位置にも注意してください。

 

 

ルンバ i2を上手に使って、

快適な生活を楽しみましょう。

 

 

アイロボット ルンバが動かない・戻らないエラーになったときの正しい使い方と対処法
アイロボット ルンバが動かない・戻らないエラーになったときの正しい使い方と対処法を紹介!問題が発生した際に冷静に対処し、スムーズな運用を取り戻すための具体的な手順や注意点を解説します。アイロボットのトラブルシューティングをマスターして、快適な掃除体験を継続しましょう。

 

コメント