アンカーのロボット掃除機G30とG40の違いとおすすめポイント!段差やマッピング機能に注目

PR
掃除機
この記事は約14分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

ロボット掃除機は、

忙しい現代人にとって、とても便利な家電です。

 

 

しかし、ロボット掃除機には、

さまざまな種類や機能があり、

どれを選ぶか迷ってしまうこともあります。

 

 

そこで、今回は、

紙パック式のロボット掃除機として人気のある

アンカーのG30とG40について、詳しくご紹介します。

 

 

G30とG40は、

段差対応能力やマッピング機能などの性能がほぼ同じで、

紙パックの容量や価格が異なるだけです。

 

 

では、

具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

そして、

どちらがあなたに合っているのでしょうか?

 

 

この記事では、

アンカーのロボット掃除機G30とG40の違いと

おすすめポイントを、分かりやすく解説します。

 

 

ぜひ、参考にしてください。

 

 

アンカーのロボット掃除機G30とG40とは?紙パック式のメリットとデメリット

 

アンカーのロボット掃除機G30とG40は、

紙パック式のロボット掃除機です。

 

 

紙パック式とは、

ダストボックスの代わりに紙パックを使って、

ゴミを収集する方式のことです。

 

 

紙パック式のメリットとデメリットについて、

見ていきましょう。

 

紙パック式のメリット

 

紙パック式のメリットは、次の通りです。

 

ダストボックスの掃除が不要です。

 

ダストボックスは、

ゴミやホコリが飛び散るので、掃除が面倒です。

 

紙パック式なら、

紙パックをそのまま捨てるだけで、清潔に保てます。

 

アレルギーの方にも安心です。

 

ダストボックスは、

ダニや花粉などのアレルゲンが残りやすいです。

 

紙パック式なら、

紙パックがアレルゲンをしっかりと吸着してくれます。

 

紙パック式のデメリット

 

紙パック式のデメリットは、次の通りです。

 

🆖紙パックの交換が必要です。

 

紙パックは、

一定の期間や回数で交換しなければなりません。

 

交換のタイミングや頻度は、

使用状況や機種によって異なりますが、

紙パックの在庫やコストがかかります。

 

🆖紙パックの容量が小さいです。

 

紙パックは、

ダストボックスに比べて、容量が小さいです。

 

G30は、

紙パックの容量が0.6Lで、

 

G40は、

紙パックの容量が1.0Lです。

 

 

これは、

ダストボックスの容量が

1.5L以上のロボット掃除機に比べて半分以下です。

 

 

そのため、

紙パックが満杯になると掃除ができなくなります。

 

以上が、

アンカーのロボット掃除機G30とG40の

紙パック式のメリットとデメリットです。

 

 

紙パック式は、

ダストボックスの掃除や

アレルギーの心配がないという利点がありますが、

紙パックの交換や容量に注意が必要です。

 

アンカーのロボット掃除機G30とG40の段差対応能力は?段差の高さや種類によって変わるの?

 

アンカーのロボット掃除機G30とG40は、

段差対応能力が高いという特徴があります。

 

 

段差対応能力とは、

ロボット掃除機が段差やカーペットなどの高低差を

乗り越えることができる能力のことです。

 

 

段差対応能力が高いと、

床の状態に関係なく、スムーズに掃除ができます。

 

 

では、

G30とG40の段差対応能力は、

具体的にどのくらいなのでしょうか?

 

 

そして、

段差の高さや種類によって、変わるのでしょうか?

 

 

G30とG40の段差対応能力は、

厚さ16mmまでの段差やカーペットであれば、

スムーズに乗り越え可能です。

 

 

これは、

一般的なロボット掃除機の

段差対応能力の平均値である15mmよりも高いです。

 

 

また、

段差の種類によっても、

段差対応能力は変わりません。

 

 

例えば、

敷居やカーペットの端などの直角の段差でも、

斜めに接触することで、乗り越えることができます。

 

 

しかし、

段差の高さが16mmを超えると、

乗り越えることができなくなります。

 

 

また、

階段や高い段差は、

落下する危険があります。

 

 

そのため、

G30とG40は、

段差の高さや位置に注意して使用する必要があります。

 

 

以上が、

アンカーのロボット掃除機G30とG40の

段差対応能力についての説明です。

 

 

段差対応能力は、

ロボット掃除機の重要な機能の一つです。

 

 

G30とG40は、

段差対応能力が高く、

床の状態に左右されない掃除ができます。

 

 

しかし、

段差の高さや位置によっては、

乗り越えられない場合や落下する場合があります。

 

 

そのため、

安全に使用するためには段差に注意することが必要です。

 

 

アンカーのロボット掃除機G30とG40のマッピング機能の違いは?どちらが部屋の掃除に向いているの?

 

アンカーのロボット掃除機G30とG40は、

マッピング機能を搭載しています。

 

 

マッピング機能とは、

ロボット掃除機が部屋の形や障害物の位置を認識して、

効率的な掃除ルートを作成する機能のことです。

 

 

マッピング機能があると、

部屋の隅々まで掃除できたり、

部分的な掃除や進入禁止エリアの設定ができたりします。

 

 

では、

G30とG40のマッピング機能の違いは、

どのようなものでしょうか?

 

 

そして、

どちらが部屋の掃除に向いているのでしょうか?

 

 

G30とG40のマッピング機能の違いは、次の通りです。

 

 

G30は、

ジャイロスコープと呼ばれる

センサーを使って部屋の形を把握します。

 

 

ジャイロスコープは、

ロボット掃除機の動きや

方向を検知することができますが、

 

 

部屋の細かい情報や

障害物の位置を正確に認識することはできません。

 

 

そのため、G30は、

部屋の形が単純で、障害物が少ない場合に向いています。

 

 

 

G40は、

レーザーと呼ばれる光を使って、

部屋の形や障害物の位置を把握します。

 

 

レーザーは、

部屋の細かい情報や障害物の位置を

正確に認識することができますが、

 

 

光が届かない場所や

反射する場所では誤認識することがあります。

 

 

そのため、

G40は部屋の形が複雑で、

障害物が多い場合に向いています。

 

 

このように、

G30とG40のマッピング機能は、

それぞれ異なるセンサーを使っています。

 

 

そのため、

部屋の状況によって、

どちらが部屋の掃除に向いているかが変わります。

 

 

あなたの部屋の形や障害物の有無を確認して、

最適なロボット掃除機を選んでみてください。

 

アンカーのロボット掃除機G30とG40の価格は?どちらがコスパが高いの?

 

アンカーのロボット掃除機G30とG40は、

価格にも違いがあります。

 

 

価格は、

ロボット掃除機の選択において、

重要な要素の一つです。

 

 

では、

G30とG40の価格は、

どのくらいなのでしょうか?

 

 

そして、どちらがコスパが高いのでしょうか?

 

 

G30とG40の価格は、下記のようになっています。

 

G30は、紙パックの容量が0.6Lで、

価格は22,900円(税込)です。

 

Anker Eufy (ユーフィ) RoboVac G30 (ロボット掃除機)

 

 

G40は、紙パックの容量が1.0Lで、

価格は59,990円(税込)です。

 

Anker Eufy Clean (ユーフィクリーン) G40 Hybrid+ (ロボット掃除機)

 

このように、G30とG40は、

紙パックの容量と価格に10,000円の差があります。

 

 

紙パックの容量が大きいほうが、

交換の頻度が少なくて済みますが、価格も高くなります。

 

 

では、どちらがコスパが高いのでしょうか?

 

 

コスパを比較するために、下記のような計算をしてみました。

 

 

G30の場合

紙パックの容量は0.6Lで、

1回の掃除で0.1Lのゴミを集めると仮定すると、

紙パックは6回の掃除で満杯になります。

 

 

紙パックの価格は10枚入りで1,980円(税込)です。

 

 

つまり、1枚あたり198円で

6回の掃除で198円のコストがかかります。

 

 

G30の価格は29,990円なので、

合計で30,188円です。

 

 

G40の場合、

紙パックの容量は1.0Lで、

1回の掃除で0.1Lのゴミを集めると仮定すると、

紙パックは10回の掃除で満杯になります。

 

 

紙パックの価格は10枚入りで1,980円(税込)です。

 

 

つまり、1枚あたり198円で、

10回の掃除で198円のコストがかかります。

 

 

G40の価格は39,990円なので、

合計で40,188円です。

 

 

このように、

G30とG40のコスパを比較すると、

G30のほうが10,000円安くスパが高いと言えます。

 

 

しかし、

G40のほうが紙パックの容量が大きく、

交換の手間が少ないというメリットもあります。

 

 

あなたの予算やニーズに合わせて、

最適なロボット掃除機を選んでみてください。

 

アンカーのロボット掃除機G30とG40のおすすめポイントは?あなたに合った方を見つけよう

 

アンカーのロボット掃除機G30とG40は、

紙パック式のロボット掃除機です。

 

 

紙パック式は、

ダストボックスの掃除や

アレルギーの心配がないという利点がありますが、

 

 

紙パックの交換や容量に注意が必要です。

 

 

では、

G30とG40のおすすめポイントは、

どのようなものでしょうか?

 

 

そして、

あなたに合った方を見つけるには、

どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

 

 

G30とG40のおすすめポイントは、

下記の通りです。

 

 

G30は、紙パックの容量が0.6Lで、

価格は29,990円(税込)です。

 

 

G30の特徴は、

ジャイロスコープと呼ばれるセンサーを使って、

部屋の形を把握するマッピング機能があることです。

 

 

ジャイロスコープは、

ロボット掃除機の動きや

方向を検知することができますが、

 

 

部屋の細かい情報や

障害物の位置を正確に認識することはできません。

 

 

そのため、G30は、

部屋の形が単純で、障害物が少ない場合に向いています。

Anker Eufy (ユーフィ) RoboVac G30 (ロボット掃除機)

 

G40は、

紙パックの容量が1.0Lで、

価格は39,990円(税込)です。

 

 

G40の特徴は、

レーザーと呼ばれる光を使って、

 

 

部屋の形や障害物の位置を

把握するマッピング機能があることです。

 

 

レーザーは、

部屋の細かい情報や障害物の位置を

正確に認識することができますが、

 

 

光が届かない場所や反射する場所では、

誤認識することがあります。

 

 

そのため、

G40は、部屋の形が複雑で、

障害物が多い場合に向いています。

 

Anker Eufy Clean (ユーフィクリーン) G40 Hybrid+ (ロボット掃除機)

 

このように、

G30とG40のおすすめポイントは、

紙パックの容量と価格、

マッピング機能の違いにあります。

 

 

あなたに合った方を見つけるには、

次のようなことに気をつけてください。

 

 

予算やニーズに合わせて、

紙パックの容量と価格を比較してください。

 

 

紙パックの容量が大きいほうが、

交換の頻度が少なくて済みますが、価格も高くなります。

 

 

紙パックの交換は、

1枚あたり198円(税込)で、

10枚入りで1,980円(税込)です。

 

 

部屋の状況に合わせて、

マッピング機能を比較してください。

 

 

マッピング機能があると、

部屋の隅々まで掃除できたり、

部分的な掃除や進入禁止エリアの設定ができたりします。

 

 

ジャイロスコープは、

部屋の形が単純で、障害物が少ない場合に有効です。

 

 

レーザーは、

部屋の形が複雑で、障害物が多い場合に有効です。

 

以上が、

アンカーのロボット掃除機G30とG40の

おすすめポイントと、あなたに合った方を見つける方法です。

 

 

紙パック式のロボット掃除機は、

ダストボックスの掃除や

アレルギーの心配がないというメリットがあります。

 

 

あなたの予算やニーズ、

部屋の状況に合わせて、

最適なロボット掃除機を選んでみてください。

 

初心者ガイド: ECOVACSロボット掃除機の使い方と初期設定 - 動かない時の修理対処法
「初心者ガイド: ECOVACSロボット掃除機の使い方と初期設定 - 動かない時の修理対処法」 ECOVACSロボット掃除機の使い方や初期設定方法を解説します。さらに、万が一動かなくなった場合の修理対処法も紹介します。初めての方でも安心してロボット掃除機を利用できるように、詳細なガイドを提供します。

 

 

なぜルンバ i7+は販売終了になったのか?他のルンバとの比較や価格、吸引力の違いを紹介
ルンバ i7+の販売終了の背後にはどのような理由があるのかを詳しく解説します。他のルンバモデルとの比較や価格の変動、吸引力の違いにも焦点を当て、次世代モデルとの違いを明らかにします。掃除機選びに迷っている方にとって有益な情報を提供します。

コメント