ダイソンのバッテリーが赤点滅!交換方法と外し方、どこで買うのがお得か教えます

PR
掃除機
この記事は約10分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

ダイソンの掃除機は

高性能で便利ですが、

バッテリーの寿命は約2年と短いです。

 

 

バッテリーが劣化すると、

赤点滅して使えなくなることがあります。

 

 

そんなとき、どうすればいいのでしょうか?

 

 

この記事では、

ダイソンのバッテリーが赤点滅する理由と

交換の必要性、交換方法と外し方、お得に買える場所をご紹介します。

 

 

ダイソンのバッテリーが赤点滅する理由とは?交換の必要性とタイミングを解説

 

ダイソンのバッテリーが

赤点滅するのは、バッテリーの電圧が

低下していることを示しています。

 

 

これは、バッテリーの寿命が近づいているか、

充電器や掃除機本体に問題がある可能性があります。

 

 

バッテリーの寿命は

約2年と言われていますが、

使用頻度や環境によって異なります。

 

 

バッテリーが劣化すると、

掃除機の吸引力が低下したり、

使用時間が短くなったりします。

 

 

赤点滅が頻繁に起こるようになったら、

バッテリーの交換を検討してください。

 

 

バッテリーの交換のタイミングは、

赤点滅が始まってから1ヶ月以内が目安です。

 

 

それ以上待つと、

バッテリーが完全に使えなくなる恐れがあります。

 

 

また、バッテリーが膨張したり、

発熱したりすると、掃除機本体に損傷を与えたり、

火災の原因になったりする危険性があります。

 

 

バッテリーに異常が見られたら、

すぐに交換してください。

 

 

バッテリーの価格はタイプによって違いますが、

純正で4000円から8000円で購入できます。

 

ダイソンのバッテリー交換方法と外し方の手順、注意点、必要な道具を紹介

 

ダイソンのバッテリー交換方法と外し方は、

掃除機の機種によって異なりますが、

基本的には以下の手順で行えます。

 

1. 掃除機の電源を切り、充電器から外します。

 

2. バッテリーのロックボタンを押しながら、

バッテリーを掃除機本体から引き抜きます。

 

3. 新しいバッテリーを掃除機本体に差し込み、

ロックボタンがカチッと音がするまで押し込みます。

 

4. 掃除機の電源を入れて、正常に動作するか確認します。

 

 

注意点としては、

以下のことに気をつけてください。

 

バッテリーを交換するときは、必ず掃除機の電源を切ってください。

電源が入ったままだと、感電や故障の原因になります。

 

バッテリーを引き抜くときは、力任せに引っ張らないでください。

バッテリーの端子や配線を傷つける可能性があります。

 

新しいバッテリーは、必ずダイソン純正のものを使用してください。

互換性のないバッテリーを使用すると、掃除機の性能が低下したり、

故障や火災の原因になったりします。

 

 

必要な道具は、特にありません。

 

バッテリーのロックボタンは、

手で押すことができます。

 

ただし、爪や指を傷つけないように注意してください。

 

ダイソンのバッテリーをどこで買うのがお得か?公式サイト、通販サイト、実店舗のメリットとデメリットを比較

 

 

ダイソンのバッテリーを購入する場合、

公式サイト、通販サイト、実店舗の

どこで買うのがお得なのでしょうか?

 

それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

 

 

公式サイト

 

ダイソンの公式オンラインストアでは、

純正品が確実に手に入ります。

 

送料無料、最短翌日配送、30日間返品保証などの特典もあります。

ただし、価格は他のサイトよりも高い場合があります。

また、偽サイトに誘導される広告に注意が必要です。

 

 

通販サイト

 

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトでは、

互換品や非純正品が安く販売されています。

 

ポイント制度やキャンペーンなどで

さらにお得に購入できる場合もあります。

 

ただし、互換品や非純正品は品質や

安全性に問題がある可能性があります。

純正品を探すのも難しいです。

 

 

実店舗

 

Dyson Demoや家電量販店などの実店舗では、

製品に直接触れて検討できます。

 

また、店員に相談できる場合もあります。

ただし、在庫がない場合や取り寄せに時間がかかる場合もあります。

価格も他のサイトよりも高い場合が多いです。

 

 

以上のことから、

ダイソンのバッテリーを購入するなら、

公式サイトが最も安心できる方法です。

 

 

互換品や非純正品を使ってもいいという方は、

通販サイトで安く買える場合もありますが、

リスクも高いので注意してください。

 

実店舗で購入するメリットは少ないので、おすすめしません。

 

ダイソンのバッテリー交換後に赤点滅が続く場合の対処法、リセット方法、修理サービスの利用方法を説明

 

ダイソンのバッテリーを交換したのに、

赤点滅が続いて掃除機が使えないときは、

どうすればいいのでしょうか?

 

 

赤点滅は、

バッテリーに何らかの

エラーが発生していることを示しています。

 

 

点滅の回数によって、

原因や対処法が異なります。

 

 

1回点滅バッテリーが過熱しています。

掃除機を冷やしてから再度充電してください。

 

 

10回点滅バッテリーが充電できません。

充電器やコンセントに問題がないか確認してください。

 

 

15回点滅バッテリーが故障しています。

バッテリーを新しいものに交換してください。

 

 

32回点滅バッテリーが不良です。

バッテリーを新しいものに交換してください。

 

 

バッテリーの交換方法は、

この記事の上の方で説明しています。

 

 

バッテリーを交換しても赤点滅が続く場合は、

掃除機本体に問題がある可能性があります。

その場合は、リセットや修理が必要になります。

 

リセット方法は、以下の通りです。

 

1. 掃除機の電源を切り、充電器から外します。

2. バッテリーのロックボタンを押しながら、バッテリーを掃除機本体から引き抜きます。

3. バッテリーを再度掃除機本体に差し込み、ロックボタンがカチッと音がするまで押し込みます。

4. 掃除機の電源を入れて、正常に動作するか確認します。

 

 

リセットしても赤点滅が続く場合は、修理が必要です。

修理サービスの利用方法は、以下の通りです。

 

1. ダイソンお客様相談室に電話かチャットで問い合わせます。

2. 製品の型番とシリアルナンバー、購入日、故障の症状を伝えます。

3. 修理の見積もりと手順を聞きます。保証期間内であれば無償で修理してくれます。

4. 修理の依頼をします。宅配便で掃除機を送ります。修理期間は約1週間です。

5. 修理が完了したら、掃除機が宅配便で返送されます。修理内容と保証書が同封されます。

 

 

以上が、

ダイソンのバッテリー交換後に

赤点滅が続く場合の対処法、リセット方法、

修理サービスの利用方法です。

 

 

ダイソンのバッテリー交換で得られるメリット、感想、おすすめポイントをまとめてご紹介

 

ダイソンのバッテリーを交換すると、

どのようなメリットが得られるのでしょうか?

 

また、

実際に交換した人の感想はどうなのでしょうか?

 

そして、

バッテリー交換をおすすめするポイントは何でしょうか?

 

 

ここでは、これらの疑問に答えてみたいと思います。

 

 

まず、

バッテリー交換で得られるメリットは、

以下のようなものがあります。

 

 

掃除機の吸引力が回復します。

 

バッテリーが劣化すると、

掃除機の性能が低下しますが、

新しいバッテリーにすると、元の吸引力に戻ります。

 

 

掃除機の使用時間が延びます。

 

バッテリーが劣化すると、

掃除機の稼働時間が短くなりますが、

新しいバッテリーにする

と、長く使えるようになります。

 

掃除機の故障や火災のリスクが減ります。

 

バッテリーが劣化すると、

膨張や発熱などの異常が起こる可能性がありますが、

新しいバッテリーにすると、安全に使えるようになります。

 

 

次に、

バッテリー交換した人の感想は、

下記のようなものがあります。

 

バッテリー交換したら、掃除機が生まれ変わったようになりました。吸引力が強くなって、掃除が楽になりました。

 

バッテリー交換したら、掃除機の使用時間が倍になりました。一回の充電で、家中の掃除ができるようになりました。

 

バッテリー交換したら、掃除機の赤点滅がなくなりました。バッテリーが膨張していたので、危なかったです。新しいバッテリーにしてよかったです。

 

 

最後に、

バッテリー交換をおすすめするポイントは、

下記のようなものがあります。

 

 

バッテリーの寿命は約2年です。

バッテリーが劣化する前に交換すると、掃除機の性能を維持できます。

 

 

バッテリー交換は簡単です。

この記事の上の方で説明したように、

手でロックボタンを押してバッテリーを引き抜くだけです。

 

 

バッテリー交換は安いです。

公式サイトで純正品を購入すると、約1万円です。

掃除機の修理や買い替えよりもずっとお得です。

 

 

以上が、

ダイソンのバッテリー交換で得られるメリット、

感想、おすすめポイントのまとめです。

 

 

 

掃除機のシャークVSダイソン!吸引力の違いを実際に試してみた結果は?口コミと故障した時の対処法も載せてます
シャーク vs. ダイソン!吸引力の違いを実際に試して比較。口コミと故障した時の対処法も徹底解説。掃除機選びに悩む方必見の記事。実際の使用感や利便性を確かめて、自分にぴったりの掃除機を見つけよう。シャークとダイソンの特長と欠点を網羅した比較結果を読んで、快適な掃除ライフを手に入れましょう!

コメント