バレーボールのサーブが上手くなる!家でできる応用的な練習メニューとコツ

PR
バレーボール
Foto: Conny Kurth / www.kurth-media.de
この記事は約14分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

バレーボールのサーブは、

試合の流れを決める重要な技術です。

 

しかし、

サーブを上達させるには、

継続的な練習が必要です。

 

 

体育館での練習だけでは、

なかなか時間が取れないかもしれません。

 

 

そこで、この記事では、

家でできる応用的なサーブの練習メニューと

コツをご紹介します。

 

 

これらのメニューは、

家でサーブの練習をすることで、

 

 

角度や強さ、フォームやスナップ、安定性やパワーなど、

サーブに関する様々な要素を向上させることができます。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

バレーボールのサーブが上手くなる!サーブの種類別上達のコツと練習メニュー

 

バレーボールのサーブは、

試合の流れを大きく左右する重要な得点源です。

 

 

しかし、サーブが上手くなるためには、

正しいフォームを身につけ、

さまざまなバリエーションをマスターする必要があります。

 

 

そこで、今回はサーブの種類別に、

上達のコツと練習メニューをご紹介します。

 

【フローターサーブ】

 

フローターサーブは、

ボールの回転が少なく、バウンドが不規則なサーブです。

 

コントロールがしやすいため、

初心者にもおすすめのサーブです。

 

上達のコツ

 

  • バックスイングの際に、肘を下げない
  • ボールの中心を打つ
  • 手首の力でボールを押す

 

練習メニュー

 

  • 壁打ち練習壁にボールを打ちつけて、バウンドの軌道をチェックする

 

  • トスを上げる練習自分でトスを上げながら、サーブを打つ

 

  • サーブのコースを変える練習サーブのコースを変えながら、威力やコントロール性を高める

 

【トップスピンサーブ】

 

トップスピンサーブは、

ボールに回転をかけて、

コートの深くに打ち込むサーブです。

 

威力があり、

相手チームのブロックを崩すのに効果的です。

 

上達のコツ

 

  • バックスイングの際に、肘を曲げる
  • ボールの下側を打つ
  • 手首の力でボールを押す

 

練習メニュー

 

  • 壁打ち練習壁にボールを打ちつけて、回転の強さをチェックする

 

  • トスを上げる練習自分でトスを上げながら、サーブを打つ

 

  • サーブのコースを変える練習サーブのコースを変えながら、威力やコントロール性を高める

 

【スライスサーブ】

 

スライスサーブは、

ボールに回転をかけて、

コートのサイドラインに打ち込むサーブです。

 

回転によって

ボールがサイドラインに沿って滑り、

相手チームのブロックをかわすのに効果的です。

 

上達のコツ

 

  • バックスイングの際に、肘を曲げる
  • ボールの下側を打つ
  • 手首の力を加えずに、ボールを押す

 

練習メニュー

 

  • 壁打ち練習壁にボールを打ちつけて、回転の強さをチェックする
  • トスを上げる練習自分でトスを上げながら、サーブを打つ
  • サーブのコースを変える練習サーブのコースを変えながら、威力やコントロール性を高める

 

【サーブの応用練習】

 

サーブの応用練習では、

さまざまなバリエーションをマスターすることで、

相手チームのブロックを崩しやすくなります

 

  • ジャンプサーブジャンプして、より高い位置からサーブを打つ
  • ロブサーブボールを高く打ち上げて、コートの深くに打ち込む
  • ジャンプロブサーブジャンプして、ボールを高く打ち上げて、コートの深くに打ち込む
  • サーブフェイントサーブを打ったように見せかけて、ボールを出さない

 

また、プロ選手の

練習メニューを参考にするのもおすすめです。

 

 

プロ選手は、

高い技術とスキルを身につけるために、

さまざまな練習メニューをこなしています。

 

プロ選手の練習メニューを参考にすることで、

効率的にサーブの上達を目指すことができます。

 

 

サーブの基礎練習

 

バレーボールのサーブは、

試合の流れを大きく左右する重要な得点源です。

 

しかし、

サーブが上手くなるためには、

正しいフォームを身につけることが大切です。

 

 

そこで、

今回はサーブの基礎練習について、

フォームのポイントと練習方法をご紹介します。

 

サーブの基本フォーム

 

ーブの基本フォームは、次のとおりです。

 

  • 足の位置は、肩幅程度に開く
  • 左手でボールを持ち、右足を少し前に出す
  • 左足を前に踏み出しながら、体の真上にトスを上げる
  • 右肘を後ろに引き、バックスイングの体勢を取る
  • 前に出した左足に体重を移しながら、押し出すようにボールの中心を打つ

 

フォームのポイント

 

サーブのフォームをチェックする際には、

次のポイントに注意しましょう。

 

  • ボールの位置ボールは、体の真上か、やや前に置く
  • バックスイングの角度バックスイングの角度は、45度程度が目
  • 腕の振り幅腕の振り幅は、大きく振る
  • ボールの打つ位置ボールの中心を打つ
  • 手首の使い方手首の力を加えずに、ボールを押す

 

基礎練習

 

サーブの基礎練習には、

次の方法がおすすめです。

 

  • 壁打ち練習壁にボールを打ちつけて、フォームやコースを確認する

 

  • トスを上げる練習自分でトスを上げながら、サーブを打つ

 

  • 鏡の前での練習鏡の前でフォームを確認しながら、サーブを打つ

 

応用練習

 

基礎練習ができるようになったら、

応用練習に取り組みましょう。

 

  • コースを変える練習コートのさまざまなコースにサーブを打つ練習

 

  • 威力アップ練習ボールを強く打つ練習

 

  • コントロール練習ボールをコントロールして、狙ったコースに打つ練習

 

 

サーブの基礎練習は、

正しいフォームを身につけるための大切なステップです。

 

繰り返し練習することで、

フォームが定着し、サーブの上達につながります。

 

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法・オンライン版

 

バレーボールのサーブが上手くなる!応用練習でサーブのバリエーションを増やす

 

レーボールのサーブは、

試合の流れを大きく左右する重要な得点源です。

 

 

しかし、

サーブが上手くなるためには、

正しいフォームを身につけるだけでなく、

さまざまなバリエーションをマスターすることも大切です。

 

 

そこで、今回は

サーブのバリエーションを増やすための

応用練習方法をご紹介します。

 

サーブのバリエーション

 

サーブのバリエーションには、

次のようなものがあります。

 

  • フローターサーブ:ボールの回転が少なく、バウンドが不規則なサーブ
  • トップスピンサーブ:ボールに回転をかけて、コートの深くに打ち込むサーブ
  • スライスサーブ:ボールに回転をかけて、コートのサイドラインに打ち込むサーブ
  • ジャンプサーブ:ジャンプして、より高い位置からサーブを打つ
  • ロブサーブ:ボールを高く打ち上げて、コートの深くに打ち込む
  • ジャンプロブサーブ:ジャンプして、ボールを高く打ち上げて、コートの深くに打ち込む
  • サーブフェイント:サーブを打ったように見せかけて、ボールを出さない

 

 

応用練習

 

サーブのバリエーションを増やすための応用練習には、

次の方法がおすすめです。

 

  • コースを変える練習コートのさまざまなコースにサーブを打つ練習

 

  • 威力アップ練習ボールを強く打つ練習

 

  • コントロール練習ボールをコントロールして、狙ったコースに打つ練習

 

  • バリエーション練習さまざまな種類のサーブを練習する

 

コースを変える練習

 

コースを変える練習は、

相手チームのブロックを崩すために効果的です。

 

壁打ち練習や、

トスを上げてもらいながらの練習で、

コートのさまざまなコースにサーブを打てるようにしましょう。

 

威力アップ練習

 

威力アップ練習は、

相手チームの守備を崩すために効果的です。

 

壁打ち練習や、

トスを上げてもらいながらの練習で、

ボールを強く打てるようにしましょう。

 

コントロール練習

 

コントロール練習は、

狙ったコースにサーブを打つために効果的です。

 

壁打ち練習や、

トスを上げてもらいながらの練習で、

ボールをコントロールできるようにしましょう。

 

バリエーション練習

 

バリエーション練習は、

さまざまな種類のサーブをマスターするために効果的です。

 

壁打ち練習や、

トスを上げてもらいながらの練習で、

さまざまな種類のサーブを練習しましょう。

 

 

サーブのバリエーションを増やすことで、

相手チームのブロックを崩しやすくなり、

試合で有利に進めることができます。

 

ぜひ、さまざまな応用練習に取り組んで、

サーブのバリエーションを増やしていきましょう。

 

ジャンプ力を上げるトレーニング~すべての球技で使えるジャンプ力UPの方法~【東海大学教授 有賀誠司 指導・解説】オンライン版

 

バレーボールのサーブが上手くなる!練習の成果を出すためのメンタルコントロール

 

バレーボールのサーブは、

試合の流れを大きく左右する重要な得点源です。

 

しかし、いくら練習をしても、

メンタルが安定していなければ、

思うようなサーブを打つことはできません。

 

そこで、今回は

サーブのメンタルコントロールのポイントをご紹介します。

 

メンタルコントロールの重要性

 

サーブには、その選手の精神状態が

もろに出るとも言われています。

 

試合中に緊張やプレッシャーを感じてしまうと、

 

フォームが崩れてしまい、

思い通りのサーブを打つことができません。

 

 

そのため、

メンタルコントロールをしっかりと行うことで、

試合で安定したサーブを打つことができます。

 

メンタルコントロールのポイント

 

サーブのメンタルコントロールのポイントは、

次のとおりです。

 

  • 目標を明確にする

 

まず、

サーブで何を達成したいのかを明確にしましょう。

 

得点を取ることなのか、

ブロックを崩すことなのか、

相手チームの守備を崩すことなのか、

目標によって練習方法や意識が変わってきます。

 

 

  • 成功体験を積む

 

練習で成功体験を積むことで、

自信を高めることができます。

 

壁打ち練習や、

トスを上げてもらいながらの練習で、

成功体験を積んでいきましょう。

 

 

  • イメージトレーニングをする

 

試合で思い通りのサーブを打つ

イメージをトレーニングしましょう

 

イメージトレーニングをすることで、

試合で臨機応変に対応することができます。

 

 

  • リラックスする

 

試合前にしっかりとリラックスして、

緊張やプレッシャーを解消しましょう。

 

深呼吸や、好きな音楽を聴くなど、

自分に合ったリラックス方法を見つけましょう。

 

 

サーブのメンタルコントロールは、

練習を重ねることで身につけることができます。

 

 

ぜひ、今回ご紹介したポイントを参考に、

メンタルコントロールを意識して

サーブの練習に取り組んでみてください。

 

 

バレーボールのサーブが上手くなる!プロ選手の練習メニューを参考に

 

バレーボールのサーブは、

試合の流れを大きく左右する重要な得点源です。

 

 

しかし、サーブが上手くなるためには、

正しいフォームを身につけるだけでなく、

 

 

さまざまなバリエーションを

マスターすることも大切です。

 

 

そこで、今回は

プロ選手の練習メニューを参考に、

サーブの上達を加速させる方法をご紹介します。

 

プロ選手の練習メニュー

 

プロ選手は、試合で勝つために、

さまざまな練習メニューをこなしています。

 

サーブの練習メニューも、

次のような内容が含まれています。

 

  • フォームの確認

 

まずは、正しいフォームを身につけることが大切です。

プロ選手は、鏡の前でフォームを確認したり、

 

動画を撮影してチェックしたりしながら、

フォームを修正しています。

 

 

  • コースや威力の練習

 

コートのさまざまなコースにサーブを打つ練習や、

ボールを強く打つ練習など、

さまざまなバリエーションを

マスターするために練習しています。

 

  • 応用練習

 

ジャンプサーブやロブサーブなど、

さまざまな応用サーブを

マスターするために練習しています。

 

サーブの上達を加速させる方法

 

プロ選手の練習メニューを参考に、

サーブの上達を加速させる方法は、

次のとおりです。

 

  • 正しいフォームを身につける

 

サーブの上達の第一歩は、

正しいフォームを身につけることです。

 

 

プロ選手のフォームを参考にしながら、

鏡の前でフォームを確認したり、

 

 

動画を撮影してチェックしたりしながら、

正しいフォームを身につけましょう。

 

  • さまざまなバリエーションをマスターする

 

コートのさまざまなコースに

サーブを打つことができれば、

相手チームのブロックを崩しやすくなります。

 

 

また、ボールを強く打つことができれば、

相手チームの守備を崩しやすくなります。

 

 

プロ選手のように、

さまざまなバリエーションをマスターしましょう。

 

  • 応用練習に取り組む

 

ジャンプサーブやロブサーブなど、

応用サーブをマスターすることで、

相手チームをより効果的に崩すことができます。

 

 

プロ選手のように、

さまざまな応用練習に取り組みましょう。

 

 

 

サーブの上達は、

練習を重ねることで実現します。

 

ぜひ、プロ選手の練習メニューを参考にしながら、

サーブの上達に取り組んでみてください。

 

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法・オンライン版

 

 

 

ママさんバレーボールのスパイクを上手く打つ方法とは?コツを知って練習しよう
ママさんバレーボールプレーヤー必見!スパイクの上手な打ち方と効果的な練習法を紹介。コツを掴んでスパイクの技術向上を目指そう。プロのアドバイスで、自信を持ってクールなスパイクを決める秘訣を身につけましょう。今すぐ読んで、ゲームで輝くためのスキルアップを始めよう!

コメント