剣道昇段審査で不合格になった理由と合格するコツを徹底解説しています!

PR
剣道
two Kendo martial arts fighters combat fighting in silhouette isolated on white bacground
この記事は約12分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

剣道の昇段審査に挑戦したけれど、

残念ながら不合格になってしまった。

でも何が原因だったのか?

 

 

 

剣道の昇段審査は、

 

技術だけでなく、

 

心構えや態度も重視される難しい試験です。

 

 

 

不合格になる理由は人それぞれですが、

 

共通するポイントもあります。

 

 

 

この記事では、

 

剣道昇段審査で不合格になった理由と、

 

次回の審査で合格するためのコツをお伝えします。

 

 

 

剣道の上達に役立つ情報が満載ですので、

 

ぜひ最後までお読みください。

 

剣道昇段審査とは?審査の内容と基準を知ろう

 

剣道の昇段審査とは、

 

剣道の技術や精神を評価する試験のことです。

 

 

 

剣道では初段から八段までの段位があり、

 

段位に応じて審査の内容や基準が異なります。

 

 

 

剣道の昇段審査の内容は、

 

初段から五段までは「実技」「日本剣道形」「学科」

 

の3つとなっています。

 

 

 

実技は試合形式で行われ、

 

技の正確さや気勢などが審査されます。

 

 

 

日本剣道形は、

 

太刀の形7本と小太刀の形3本のうち、

 

段位に応じて課題となる形を披露します。

 

 

 

学科は筆記試験で、

 

剣道の歴史や理論、用語などが出題されます。

 

 

 

六段以上は全国審査となり、

 

「実技」と「日本剣道形」で審査されます。

 

 

 

実技は一次・二次の二段階で行われ、

 

技の理合や風格などが審査されます。

 

 

 

日本剣道形は

 

太刀の形7本と小太刀の形3本が課題となります。

 

 

 

剣道の昇段審査の基準は、

 

段位に相応しい実力があるかどうかを

 

審査員が判断するものです。

 

 

 

段位が上がるほど、

 

技術的・精神的な修錬が求められます。

 

 

 

合格率も段位が上がるほど低くなり、

 

八段は1%以下と言われています。

 

 

剣道の昇段審査は、

剣道の上達に欠かせないものです。

 

 

審査に合格するためには、

日々の稽古と鍛錬が必要です。

 

 

剣道昇段審査で不合格になる3つの主な理由とは?

 

剣道の昇段審査は、

技術だけでなく、

心構えや態度も重視される難しい試験です。

 

 

不合格になる理由は人それぞれですが、

共通するポイントもあります。

 

 

剣道昇段審査で

不合格になる3つの主な理由をお伝えします。

 

 

着装や礼法が不適切なこと

 

剣道の昇段審査では、

実技が始まる前から審査が始まっています。

 

 

袴が短すぎたり、防具の紐が緩んでいたり、

礼法が乱れていたりすると、審査員に悪い印象を与えます。

 

 

着装や礼法は剣道の基本ですので、

しっかりと確認しておきましょう。

 

 

基本に則った打突ができないこと

 

剣道の昇段審査では、

基本に則った打突ができるかどうかが審査されます。

 

 

打突の際には、

正しい姿勢、間合い、正中線、

中心取り、気勢などが重要です。

 

 

無駄な動作や力みがあると、

技の正確さや威力が損なわれます。

 

 

基本を忘れずに、

大きな声を出して、堂々と打ち込みましょう。

 

 

応用技の錬熟度が低いこと

 

剣道の昇段審査では、

段位が上がるほど、応用技の錬熟度が求められます。

 

 

応用技とは、相手の動きや心理に応じて、

攻防のバリエーションを増やすことです。

 

 

例えば、

小手返し、面返し、面打ち込み、

面小手、小手面などがあります。

 

 

応用技を使うことで、

相手に有効打を打ち込むチャンスを増やすことができます。

 

 

以上が、

剣道昇段審査で

不合格になる3つの主な理由です。

 

 

 

もちろん、

これら以外にも不合格になる理由はありますが、

 

 

 

これらのポイントを押さえておけば、

合格に近づくことができるでしょう。

 

 

剣道昇段審査で不合格になった経験者の声を聞こう

 

剣道の昇段審査に挑戦したものの、

不合格になってしまったという経験は、

剣道を続ける上で大きな挫折となります。

 

 

不合格になった理由や感想は人それぞれですが、

同じような苦しみを味わった人の声を聞くことで、

 

 

自分の気持ちを整理したり、

次の審査に向けてのヒントを

得たりすることができるかもしれません。

 

 

ここでは、

剣道の昇段審査で不合格になった

経験者の声をいくつか紹介します。

 

「五段の審査で14回も落ちました。毎回不合格の通知を見るたびに、自分の剣道に対する自信が失われていきました。でも、諦めずに稽古を続けて、ようやく六段に合格できました。不合格になっても、剣道の楽しさや魅力を忘れないでください。」

 

 

「三段の審査で不合格になりました。実技はそこそこできたと思うのですが、形と学科で失敗しました。形は練習不足でしたが、学科は勉強したのに、問題が難しくて解けませんでした。学科の審査基準がわからないので、不満です。」

 

 

「四段の審査で不合格になりました。実技は一次で落ちました。相手が強すぎて、打つ隙がありませんでした。自分の技量の低さを痛感しました。もっと基本を固めて、応用技も磨かないといけないと思いました。」

 

 

以上が、

剣道の昇段審査で

不合格になった経験者の声です。

 

 

不合格になった方々は、

それぞれ反省点や改善点を見つけて、

次の審査に臨んでいます。

 

 

剣道昇段審査で合格するための5つのコツとは?

 

剣道の昇段審査は、技術だけでなく、

心構えや態度も重視される難しい試験です。

 

 

合格するためには、

日々の稽古と鍛錬が必要ですが、

 

 

それだけではなく、

審査に向けての準備や対策も大切です。

 

 

ここでは、

剣道昇段審査で合格するための

5つのコツをお伝えします。

 

 

審査の内容と基準を把握する

 

剣道の昇段審査の内容と基準は、

段位によって異なります。

 

 

初段から五段までは

「実技」「日本剣道形」「学科」の3つで、

 

 

六段以上は「実技」と「日本剣道形」で審査されます。

 

 

審査の内容と基準を知ることで、

自分が何をすべきかが明確になります。

 

 

審査の傾向と対策を研究する

 

剣道の昇段審査では、

審査員がどのような点に着目しているかを知ることが重要です。

 

 

審査の傾向と対策を研究することで、

自分の強みや弱みを把握し、効果的な勉強や稽古ができます。

 

 

審査の傾向と対策については、

先輩や先生、インターネットなどの情報源を活用しましょう。

 

模擬審査や審査稽古を積む

 

剣道の昇段審査では、

実際に試合形式で立ち合います。

 

 

そのため、

模擬審査や審査稽古を積むことが大切です。

 

 

模擬審査や審査稽古では、

自分の実力や課題を確認できるだけでなく、

 

本番に近い緊張感や雰囲気に慣れることができます。

 

 

 

模擬審査や審査稽古は、

できるだけ多くの人と行い、

 

フィードバックをもらいましょう。

 

着装や礼法に気をつける

 

剣道の昇段審査では、

実技が始まる前から審査が始まっています。

 

着装や礼法に気をつけることは、

剣道の基本です。

 

 

袴が短すぎたり、

防具の紐が緩んでいたり、礼法が乱れていたりすると、

 

審査員に悪い印象を与えます。

 

 

着装や礼法は、

審査前にしっかりと確認しておきましょう。

 

 

自分らしい剣道をする

 

剣道の昇段審査では、

自分の技術や精神を評価されます。

 

 

自分らしい剣道をすることが、最も大切なことです。

 

 

自分の得意技や立ち合いを活かし、

相手に対して積極的に打ち込みましょう。

 

 

自信を持って、

大きな声を出して、堂々と剣道を楽しみましょう。

 

 

 

以上が、

剣道昇段審査で合格するための5つのコツです。

 

剣道の昇段審査は、

剣道の上達に欠かせないものです。

 

 

剣道昇段審査で合格するためのおすすめの教材や練習法とは?

 

剣道の昇段審査を、

合格するためには、

日々の稽古と鍛錬が必要ですが、

 

 

それだけではなく、

審査に向けての準備や対策も大切です。

 

 

この記事では、

剣道昇段審査で合格するための

おすすめの教材や練習法をお伝えします。

 

 

教材としておすすめなのは、

剣道の基本や審査のポイントを

分かりやすく解説した書籍やDVDです。

 

 

例えば、次のようなものがあります。

 

 

剣道昇段審査・対策プログラム~昇段審査に合格するコツの全て~【世界選手権覇者 教士八段 香田郡秀 監修】オンライン版

 

 

この教材を使うことで、

剣道の基本や審査の傾向と

対策を研究することができます。

 

 

また、DVDや動画を見ることで、

実技や日本剣道形の正しい動作や

コツを覚えることができます。

 

 

練習法としておすすめなのは、

模擬審査や審査稽古を積むことです。

 

 

模擬審査や審査稽古では、

自分の実力や課題を確認できるだけでなく、

 

 

本番に近い緊張感や雰囲気に慣れることができます。

 

 

模擬審査や審査稽古は、

できるだけ多くの人と行い、フィードバックをもらいましょう。

 

 

【香田式】剣道の実力をつける稽古法~正しい剣道を身につけて試合にも強くなる秘訣~オンライン版
 

 

以上が、

剣道昇段審査で

合格するためのおすすめの教材や練習法です。

 

 

剣道の昇段審査は、

剣道の上達に欠かせないものです。

 

 

審査に合格するためには、日々の稽古と鍛錬が必要です。

 

まとめ

 

剣道昇段審査での不合格の理由と合格のコツを解説。

 

 

この記事では

審査のポイントや注意すべきポイントを明示し、

合格への道筋を示唆しました。

 

 

心構えや技術の向上を通じて、

次回の審査に備えるための

重要なアドバイスをまとめました。

 

 

誰もが昇段審査の壁に当たり、

悩んでいますが、

 

 

しっかりとコツを学んで

対策をして稽古をすれば必ず合格すると信じています。

 

コメント