野球の内野守備が劇的にうまくなる!プロの選手も実践する5つの基本ステップと守備練習のポイント

PR
野球
この記事は約12分で読めます。
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています
ステマ規制
※当ブログはプロモーション広告を利用しています

 

野球の内野守備は、

ゴロやフライを捕球して、

アウトを取るだけでなく、

 

 

相手の攻撃を阻止し、

自チームの勝利に貢献する

重要な役割を果たします。

 

 

しかし、内野守備は、

技術や判断力、体力など、

多くの要素が求められる

難しいポジションでもあります。

 

 

 

そこで、この記事では、

 

野球の内野守備を上達させるための

5つの基本ステップと

守備練習のポイントを紹介します。

 

 

プロの選手も実践する

これらの方法をマスターすれば、

あなたも内野守備の名手になれるかもしれません!

 

  1. 1. ゴロ捕球の基本姿勢と動きを身につける
          1. ゴロが打たれる前には、
          2. 膝を曲げて前傾姿勢になり、グラブを地面に近づけます。
          3. ボールを捕球するときは、
          4. グラブを開いてボールの真ん中に合わせ、両手でしっかりと握ります。
          5. 送球の構えは、
          6. グラブを持った手を肩の高さまで上げ、もう一方の手を胸の前に出します。
        1. ゴロ捕球のフォームを確認する練習
        2. ゴロ捕球の反応速度を上げる練習
  2. 2. フットワークを改善する
      1. ボールに対して正面になるように足を動かす
      2. ボールに近づくときは小刻みに足を動かす
      3. 送球の際には足をクロスさせる
    1. フットワークのフォームを確認する練習
    2. フットワークのスピードと柔軟性を上げる練習
  3. 3. 捕って投げる速さを上げる
          1. ボールを捕球する前に送球先を決める
          2. ボールを捕球したらすぐに送球の構えに移る
          3. 送球の際には腕だけでなく体全体を使う
        1. 捕って投げる時間を計測する練習
        2. 捕って投げる動作を連続して行う練習
  4. 4. バックハンドトスのやり方を覚える
      1. バックハンドトスのフォームを確認する練習
      2. バックハンドトスのスピードと精度を上げる練習
  5. 5. キャッチボールで内野守備を上達させる
    1. キャッチボールの際には、内野守備の基本姿勢と動きを意識する
    2. キャッチボールの際には、様々な送球方法を試す
    3. キャッチボールの際には、距離やスピードを変える
    4. キャッチボールの際には、相手の胸の高さに合わせてボールを投げる
    5. キャッチボールの際には、相手の動きに合わせてボールを投げる

1. ゴロ捕球の基本姿勢と動きを身につける

 

ゴロ捕球は、内野守備の基本中の基本です。

 

 

ゴロ捕球の基本姿勢と

動きを身につけることで、ミスを減らし、

素早く正確な送球を行うことができます。

 

 

ゴロ捕球の基本姿勢と動きは、

次のようになります。

 

 

ゴロが打たれる前には、
膝を曲げて前傾姿勢になり、グラブを地面に近づけます。

 

こうして、

ゴロの軌道を見やすくし、

反応速度を上げます。

 

ゴロが打たれたら、

素早くボールの方向に移動し、

ボールの前に体を入れます。

 

 

これにより、

ボールが跳ねたり、

逸れたりするリスクを減らします。

 

 

ボールを捕球するときは、
グラブを開いてボールの真ん中に合わせ、両手でしっかりと握ります。

 

こうすることで、

ボールを落としたり、

グラブから飛び出したりするリスクを減らします。

 

 

ボールを捕球したら、

すぐに送球の構えに移ります。

 

 

送球の構えは、
グラブを持った手を肩の高さまで上げ、もう一方の手を胸の前に出します。

 

 

ゴロ捕球の基本姿勢と

動きを身につけるための守備練習としては、

次のようなものがあります。

 

ゴロ捕球のフォームを確認する練習

 

コーチやパートナーにゴロを打ってもらい、

 

 

ゴロ捕球の基本姿勢と

動きを確認しながら捕球と送球を行います。

 

 

ゴロのスピードや角度を変えて、

様々なケースに対応できるようにします。

 

ゴロ捕球の反応速度を上げる練習

 

コーチやパートナーにゴロを打ってもらい、

 

 

ゴロが打たれる前には目を閉じて待機します。

 

 

ゴロが打たれたら、

目を開いてすぐにボールの方向に移動し、

捕球と送球を行います。

 

 

目を閉じることで、

反応速度と集中力を高めます。

 

内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス  内野守備コーチ  清家政和 監修】オンライン版

 

2. フットワークを改善する

 

フットワークとは、

内野守備における足の動きのことです。

 

 

フットワークを改善することで、

ボールに素早く対応し、

送球の際にバランスをとりやすくなります。

 

 

フットワークを改善するためには、

次のようなポイントに注意しましょう。

 

 

ボールに対して正面になるように足を動かす

 

ボールに対して正面になることで、

ボールの軌道を見やすくし、

捕球の際に体を安定させます。

 

 

ボールに対して斜めになると、

ボールを見失ったり、

捕球の際に体がぶれたりするリスクが高まります。

 

ボールに近づくときは小刻みに足を動かす

 

ボールに近づくときは、

大きく足を動かすと、

ボールのタイミングを合わせにくくなります。

 

 

小刻みに足を動かすことで、

ボールのタイミングを調整しやすくなります。

 

送球の際には足をクロスさせる

 

送球の際には、

グラブを持った手と反対側の足を前に出し、

もう一方の足を後ろに回してクロスさせます。

 

 

これにより、

送球の際に体の回転を利用し、

送球のスピードと精度を上げます。

 

 

 

フットワークを改善するための守備練習としては、

次のようなものがあります。

 

フットワークのフォームを確認する練習

 

コーチやパートナーにゴロを打ってもらい、

フットワークのポイントに注意しながら

捕球と送球を行います。

 

 

フットワークのフォームが

正しいかどうかを確認し、修正します。

 

フットワークのスピードと柔軟性を上げる練習

 

コーンやハードルなどの障害物を設置し、

それらを素早くかわしながらゴロを捕球し、送球します。

 

 

障害物をかわすことで、

フットワークのスピードと柔軟性を高めます。

 

3. 捕って投げる速さを上げる

 

捕って投げる速さとは、

ボールを捕球してから送球するまでの時間のことです。

 

 

捕って投げる速さを上げることで、

相手の走者をアウトにしやすくなります。

 

 

捕って投げる速さを上げるためには、

次のようなポイントに注意しましょう。

 

 

ボールを捕球する前に送球先を決める

 

ボールを捕球する前に、

送球先のベースや選手を確認し、送球の目標を決めます。

 

 

これにより、

ボールを捕球した後に送球先を探す時間を省きます。

 

ボールを捕球したらすぐに送球の構えに移る

 

ボールを捕球したら、

無駄な動きをせずにすぐに送球の構えに移ります。

 

 

送球の構えは、

グラブを持った手を肩の高さまで上げ、

もう一方の手を胸の前に出します。

 

 

これにより、送球のスピードと精度を上げます。

 

送球の際には腕だけでなく体全体を使う

 

送球の際には、

腕だけでなく体全体を使って力を伝えます。

 

 

体全体を使うことで、

送球のパワーと安定性を高めます。

 

 

体全体を使うためには、

足をクロスさせて体の回転を利用し、

肩や腰、腕などの関節をスムーズに動かします。

 

 

捕って投げる速さを上げるための守備練習としては、

次のようなものがあります。

 

捕って投げる時間を計測する練習

 

コーチやパートナーにゴロを打ってもらい、

 

 

ボールを捕球してから

送球するまでの時間を計測します。

 

 

計測した時間を記録し、

目標を設定して改善します。

 

捕って投げる動作を連続して行う練習

 

コーチやパートナーにゴロを打ってもらい、

ボールを捕球して送球したら、

すぐに元の位置に戻り、次のボールに対応します。

 

 

この動作を連続して行うことで、

捕って投げる動作のスムーズさと持続力を高めます。

 

 

内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス  内野守備コーチ  清家政和 監修】オンライン版

 

4. バックハンドトスのやり方を覚える

 

バックハンドトスとは、

内野守備において、

 

 

グラブを持った手の裏側で

ボールを投げる技術のことです。

 

 

バックハンドトスを覚えることで、

ボールの位置や送球先に応じて柔軟に対応できます。

 

 

バックハンドトスのやり方は、

次のようになります。

 

 

ボールを捕球するときは、

グラブを開いてボールの真ん中に合わせ、

指先でしっかりと握ります。

 

 

これにより、

バックハンドトスの際に

ボールをコントロールしやすくなります。

 

 

バックハンドトスの際には、

グラブを持った手の裏側でボールを投げます。

 

 

投げるときは、

手首をスナップさせてボールに回転をかけます。

 

 

こうすることで、

バックハンドトスのスピードと精度を上げます。

 

 

バックハンドトスの際には、

送球先の選手の胸の高さに合わせてボールを投げます。

 

 

送球先の選手がボールを受けやすくなります。

 

 

バックハンドトスのやり方を

覚えるための守備練習としては、次のようなものがあります。

 

バックハンドトスのフォームを確認する練習

 

コーチやパートナーにゴロを打ってもらい、

バックハンドトスのフォームを

確認しながら捕球と送球を行います。

 

 

バックハンドトスのフォームが

正しいかどうかを確認し、修正します。

 

バックハンドトスのスピードと精度を上げる練習

 

コーチやパートナーにゴロを打ってもらい、

バックハンドトスで

送球先の選手にボールを投げます。

 

 

送球先の選手は、

ボールを受けたらすぐに返球します。

 

 

この動作を連続して行うことで、

バックハンドトスのスピードと精度を高めます。

 

5. キャッチボールで内野守備を上達させる

 

キャッチボールとは、

野球の基本的な練習方法の一つで、

二人以上の選手がボールを投げ合うことです。

 

 

キャッチボールで

内野守備を上達させることができます。

 

 

キャッチボールで

内野守備を上達させるためには、

次のようなポイントに注意しましょう。

 

キャッチボールの際には、内野守備の基本姿勢と動きを意識する

 

キャッチボールの際には、

内野守備の基本姿勢と動きを意識して行います。

 

 

これにより、

内野守備の基本姿勢と動きを身体に染み込ませます。

 

キャッチボールの際には、様々な送球方法を試す

 

キャッチボールの際には、

様々な送球方法を試してみます。

 

 

例えば、

オーバースロー、サイドスロー、

バックハンドトスなどです。

 

 

これにより、

様々な送球方法に慣れ、

状況に応じて使い分けることができます。

 

キャッチボールの際には、距離やスピードを変える

 

キャッチボールの際には、

距離やスピードを変えてみます。

 

 

例えば、

近距離で素早く投げたり、

遠距離で力強く投げたりします。

 

 

これにより、

距離やスピードに対応できる力を養います。

 

 

キャッチボールで

内野守備を上達させるための守備練習としては、

次のようなものがあります。

 

 

キャッチボールの際には、相手の胸の高さに合わせてボールを投げる

 

キャッチボールの際には、

相手の胸の高さに合わせてボールを投げます。

 

 

これにより、送球の精度を高めます。

 

キャッチボールの際には、相手の動きに合わせてボールを投げる

 

 

キャッチボールの際には、

相手の動きに合わせてボールを投げます。

 

 

例えば、

相手が左右に動いたら、

その方向にボールを投げたり、

 

 

相手が前後に動いたら、

その距離に合わせてボールを投げたりします。

 

 

これにより、送球のタイミングを高めます。

 

 

以上が、

野球の内野守備を上達させるための

5つの基本ステップと守備練習のポイントです。

 

 

これらの方法を実践すれば、

あなたも内野守備の名手になれるかもしれません!

 

 

内野守備は、

技術だけでなく、

判断力やコミュニケーション能力も必要です。

 

 

チームメイトとの連携を図りながら、

内野守備を楽しみましょう!

 

 

この記事が、

野球の内野守備に興味のある方や、

内野守備を上達させたい方の参考になれば幸いです。

 

内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス  内野守備コーチ  清家政和 監修】オンライン版

 

 

キャッチャーの練習は初心者1人でもできる!キャッチャーのイメージトレーニングの方法とその効果は?キャッチングとスローイングの基本も公開
キャッチャー志望の初心者必見!1人でもできるキャッチャーの練習法を紹介。イメージトレーニングの効果的な方法で、実力向上を目指そう。キャッチングとスローイングの基本もわかりやすく解説して、プロのような技術を身につけるコツをお届け。今すぐ読んで、独自の練習プランでキャッチャーのスキルを高めましょう!

 

 

走塁のタイミングを上げるためのトレーニングとは?野球で得点を生む走塁の大切なこと
走塁のタイミングを上げるためのトレーニング方法と、野球で得点を生むための走塁の大切なポイントについて解説します。初心者から経験者まで役立つ情報満載!

コメント